クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

梅毒とは

梅毒とはスピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema Pallidum) による主として性交およびオーラルセックなどの行為により感染する性病、性感染症です。

皮膚や粘膜の小さな傷から梅毒トレポネーマが侵入することによって感染し、進行によって血液内に侵入します。それが全身に広がり様々な症状を引き起こします。

上記以外にも母子感染や血液を介して感染することもある。母子感染の場合、子供は先天梅毒となる。


症状
感染後約3週間で発症する。治療しない限り最終的には死亡します。


■第1期症状(期間;感染後3週間~3ヶ月)

感染後約3週間で菌の侵入部位である感染局所に、無痛性の小豆大から示指頭大までの固まりのしこりができます。(初期硬結) やがてこれは硬く盛り上がり、中心に潰瘍を形成して膿を出すようになります。

固まりはすぐ消えますが、稀に潰瘍となります。また、股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れますが、放置により2~3週間で消失して約3ヵ月後まで無症状となります。

6週間を超えると梅毒検査で陽性反応が出ます。


■第2期症状(期間;感染後3ヶ月~3年)

全身のリンパ節が腫れます。その他発熱、倦怠感、関節痛などの症状がでるケースもあります。 特徴的な全身性発疹が現れることもあります。(バラ疹)

これは手足の裏から全身、顔面などに赤い目立つ発疹が現れます。治療なしでも1ヶ月程度で消えます。しかし菌は体内に生存しており、抗生物質で治療しない限り治癒しません。


△梅毒を検査するなら自宅で簡単、匿名検査(男女共通・1人用)
STD Checker TypeK(男女共通・1人用)


■第3期症状(期間;感染後3年~10年)

ゴムのような腫瘍ができてくる。(ゴム腫と呼ばれる)


■ 第4期症状(期間;感染後10年以降)

多くの臓器に腫瘍が発生し、脳、脊髄、神経が菌に侵され麻痺性痴呆を起こして死亡する。


治療方法】
特効薬はペニシリン系抗生物質で治癒できます。治療期間はだいたい2~8週間。
感染後1年以内の治療の場合、抗生物質投与の初日に38度台の高熱が出るケースもあります。菌が一気に死滅するための反応熱とされ、そのまま治療しても問題ありません。


△梅毒を検査するなら自宅で簡単、匿名検査(男女共通・1人用)
STD Checker TypeK(男女共通・1人用)


◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。 局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!



◆クラミジア治療 >>> ジスロマック~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)の通販はこちら

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0