クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

C型肝炎とは

C型肝炎は血液からの感染がほとんどで、日本での感染者数は150万人とも言われています。

感染者の30~40%に輸血の経験があり、現在は献血時の検査の実施により輸血での感染は減少しています。麻薬などの注射器の使いまわしで、感染する可能性が高くなります。

性行為による感染の可能性もありますが、感染率は低いようです。

C型肝炎は症状は軽いですが、感染者の7割前後は慢性化し、肝硬変から肝臓がんに進む可能性が高いです。肝臓がんによる死亡者数は年間3万人を超え増加傾向にありますが、その8割がC型肝炎をともなってます。

【症状】(男性、女性共通)

全身倦怠(だるさ)、食欲減退、濃い色の尿が出る、発熱、黄疸(体や白目が黄色っぽくなる)など急性のC型肝炎で、前記の症状の出る人は20~30%と言われます。通常、A型肝炎やB型肝炎に比べて症状は軽く、自覚症状の現れない人が多いです。

症状が出るまで約2週間~3ヶ月かかります。(個人差あり) 感染してC型肝炎ウイルスの抗体ができるまでの期間は1~3ヶ月といいます。

治療を行い、慢性化や劇症肝炎(肝臓の炎症が強くなり、肝細胞が死滅)にならなければ、完治します。ただし、C型肝炎の特徴は慢性化することで、初感染で約6~7割が慢性化するといいます。

【感染経路】

1)血液による感染
  輸血や麻薬などの注射器の使いまわしなどが原因となります。
  (*現在は献血時の検査で、輸血の感染は減少)

2)性行為による感染
  性行為で感染の可能性がありますが、感染率は低いようです。
  ⇒注)性産業従事者のC型肝炎ウイルス抗体の陽性率は、同年代の女性の8~10倍といいます

3)母子感染
  生まれる時に感染のケースがあります。

【検査法】

臨床診断と血液検査を行います。

検査方法により異なり、感染日から1週間後~3ヶ月後検査可能です。もちろん、症状がでていれば検査可能です。
(⇒70~80%の人は症状が出ません。症状が出ていない状態でもパートナーに感染させるケースもあります。)

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

【治療法】

C型肝炎の治療は専門医の判断に従ってください。(その状態により治療方法や効果が違おます)
急性肝炎の場合は、安静、食事療法、抗炎症療法など、慢性肝炎の場合は、抗ウイルス剤の投与などがあります。

検査数値が低下しているか、確認を静観します。

【予防法】

性交時のコンドームの使用は有効です。性行為による感染の可能性は低いですが、肛門性交や生理中の性交など出血と粘膜にキズができる行為は感染のリスクが高いといえます。

◆ パートナーの感染は?
C型肝炎ウイルスのキャリアのパートナーの方は、念のため検査されたほうがいいです。

治療を行い、慢性化や劇症肝炎にならなければ完治します。C型肝炎の特徴は慢性化することで、慢性化した場合には自然治癒することはほとんどなく、肝硬変から肝臓がんへの進行する可能性もあります。

>>  【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。 局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!



◆クラミジア治療 >>> ジスロマック~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)の通販はこちら

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0