クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

B型肝炎とは

B型肝炎は海外(アジア、アフリカなど)で感染して国内に持ち込むケースが多いといいます。 日本にはB型肝炎ウイルス感染者数は100万人以上と推定されます。

成人では性行為による感染者が多く、他に血液による感染と母子感染があります。感染率は、エイズウイルスやC型肝炎ウイルスより高いといいます。

B型肝炎には、急性のものと慢性化するものとあります。
急性の感染者の半数以上は、感染しても症状が出ずに自然治癒することもあります。
治療は安静にすることが大切です。


【症状】(男性、女性共通)

全身倦怠(だるさ)、食欲減退、微熱程度の発熱、関節痛、赤褐色(赤く濃い色)の尿が出る、黄疸(体や白目が黄色っぽくなる) など症状がでます。(この症状は感染者の約3分の1程度といいます。)感染者の半数以上は症状が出ずに、自然治癒します。

ただし個人差があり、症状が出るまで約1~6ヶ月程度潜伏期間あります。

肝臓疾患の目安である、GPTやGOT値が異常に高い場合や、黄疸の症状がでる場合は入院が必要です。

一般的には安静により、症状が出てから2~3ヶ月で自然治癒します。

ただし、まれに劇症肝炎など(肝臓の炎症が非常に強く、肝細胞のほとんどが死滅)があり、肝臓移植をしない場合死亡率が60~70%です。


【感染経路】

1)性行為による感染
  あらゆる性行為(オーラルセックス、アナルセックスなど)で感染

2)血液による感染
  輸血や麻薬による注射器の使いまわしなどにより感染

3)母子感染
  生まれてくる時の粘膜感染、母子感染した子供は治療をしないと慢性化、キャリアになる。

【検査法】
臨床診断と血液検査を行います。

感染後1~6ヶ月で潜伏期間の間でも検査可能ですが、検査反応の出る期間に個人差があり、自覚症状が出てからの検査のほうが確実です。
(⇒症状が出ない場合も有)

ただし、症状が出ていない時でもパートナーに感染する可能性あり。

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

【治療法】

2~3ヶ月で自然治癒することもありますが、検査数値が異常に高い時や黄疸などの症状があると入院が必要です。ウイルスに抵抗する抗生物質の注射や服用、食欲不振の時には点滴します。

退院後は、検査数値の低下の様子をみながら通院します。

【予防法】

性行為による感染予防は、コンドームが有効です。 アナルセックスや生理中の性行為など、出血や粘膜のキズができやすくなりますので感染のリスクは高まります。

感染が判明したら、パートナーも検査しましょう。
通常B型肝炎の感染源の人は、キャリアと考えられますし、ウイルス量も多いと予想されます。医療機関の受診をおすすめします。

◆ワクチンの接種
パートナーがB型肝炎キャリアで、自分は未感染の場合ワクチン接種しておくと安心です。
急性のB型肝炎に一度感染した人は、体内に抗体ができますで再感染の恐れはありません。

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。 局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!



◆クラミジア治療 >>> ジスロマック~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)の通販はこちら

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0