クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

クラミジアの検査方法

のど専用のクラミジア検査キットもあります

クラミジアは性病の中で最も感染がを広まっていますが、フェラチオで感染するケースがとても多いです。そのためにのどに感染していることが意外と見過ごされているのです。

咽喉の性病感染は性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。
この理由につぃては性器や膣と違って口の中にはもともと細菌が多く存在します。
それ故口の中の細菌と咽喉の性病を発症させた菌とが遺伝子交換を行い、
さらに抗体を作りだすことで、より強い菌が発現しやいやすいためと考えられています。

これが、咽喉の性病が性器感染の性病より治りにくい原因と言われています。
クラミジアや淋病の咽喉感染を放置していると、耐性菌の出現で抗生物質が効かなくなり
治りにくくなる恐れもありますので注意が必要です。
咽喉感染が疑わしいときは早目の検査をおすすめします。

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

自宅で検査可能なのど用のクラミジア検査キットもあります。
この検査は匿名(名前なし)で受けることができます!

性器感染との併発も多く、TypeAなどとの同時検査もおすすめです。

■検査方法:咽頭ぬぐい液検査
■ポイント:のどの淋病も一緒に検査できる。

性感染症(性病)の検査キットシリーズ、STDチェッカー。ご自宅で採取して郵送、結果はネットで確認します。匿名検査だから安心です。

◆商品名 STDチェッカー タイプN(男女共通) 
エス・ティー・ディー チェッカー タイプN

価格(税込) 5,250円

◆検査項目  クラミジア(のど)、淋菌(のど)

上記検査項目について、一度にまとめて検査を受けていただくタイプです。

◆検査内容
(採取器具) 咽頭ぬぐい液検査
(カルポーター[製造販売届出番号09B3X10002000006])

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


のど専用のクラミジア検査キットもあります

クラミジアは性病の中で最も感染がを広まっていますが、フェラチオで感染するケースがとても多いです。そのためにのどに感染していることが意外と見過ごされているのです。

咽喉の性病感染は性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。
この理由につぃては性器や膣と違って口の中にはもともと細菌が多く存在します。
それ故口の中の細菌と咽喉の性病を発症させた菌とが遺伝子交換を行い、
さらに抗体を作りだすことで、より強い菌が発現しやいやすいためと考えられています。

これが、咽喉の性病が性器感染の性病より治りにくい原因と言われています。
クラミジアや淋病の咽喉感染を放置していると、耐性菌の出現で抗生物質が効かなくなり
治りにくくなる恐れもありますので注意が必要です。
咽喉感染が疑わしいときは早目の検査をおすすめします。

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

自宅で検査可能なのど用のクラミジア検査キットもあります。
この検査は匿名(名前なし)で受けることができます!

性器感染との併発も多く、TypeAなどとの同時検査もおすすめです。

■検査方法:咽頭ぬぐい液検査
■ポイント:のどの淋病も一緒に検査できる。

性感染症(性病)の検査キットシリーズ、STDチェッカー。ご自宅で採取して郵送、結果はネットで確認します。匿名検査だから安心です。

◆商品名 STDチェッカー タイプN(男女共通) 
エス・ティー・ディー チェッカー タイプN

価格(税込) 5,250円

◆検査項目  クラミジア(のど)、淋菌(のど)

上記検査項目について、一度にまとめて検査を受けていただくタイプです。

◆検査内容
(採取器具) 咽頭ぬぐい液検査
(カルポーター[製造販売届出番号09B3X10002000006])

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


クラミジアの抗原検査(PCR法)

クラミジアの抗原検出法にはPCR法(Polymerase Chain Reaction法)が主流で、DNAプローブ法と同様の遺伝子診断法です。

PCR法は感度が高く検体の中にクラミジアの細胞が1個あれば検出が可能といわれます。

この方法は遺伝子の一部をコピーすることで感度を高めていますがそれがうまく作れない場合には感度が落ちます。コピーを作るときの技術が難しいとされ、クラミジアに似た遺伝子配列の混入物によって誤った判断をする危険性もあります。

そのほかに尿道、直腸、鼻咽頭粘膜などの細胞もクラミジア菌の検出のために利用可能ですが、腹腔内の細胞は簡単には採取できません。この方法の欠点は体表面に近い部位の細胞しか採取出来ないということです。

また、腹腔内の直接感染を診断するためには血液中の抗体検査をすることになります。

他の検査方法に比べると非常に感度がいいので、郵送検査や臨床的に通用する検査法としてはPCR法と、IDEIA法くらいでしょう。

最近では検査法も改良が進み感度が非常に向上していますが、PCR法と同等もしくはそれ以上の検査方法はまだないようです。


【実際の検査方法(PCR法)】
1)女性の場合
初感染部位である子宮頸管の頸管上皮細胞が検体になります。
(膣分泌液を採取、検査します)

2)男性の場合
 子宮頸管のかわりに尿道(検尿)の検査をします。

【検査結果の見方】
この検査でクラミジア菌自体がその部位に存在するか否かを知ることができます。
すなわち、現在感染しているかどうかがわかります。陽性であれば治療が必要です。


>> クラミジアの血中抗体検査
>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)
>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


クラミジアの抗原検査(PCR法)

クラミジアの抗原検出法にはPCR法(Polymerase Chain Reaction法)が主流で、DNAプローブ法と同様の遺伝子診断法です。

PCR法は感度が高く検体の中にクラミジアの細胞が1個あれば検出が可能といわれます。

この方法は遺伝子の一部をコピーすることで感度を高めていますがそれがうまく作れない場合には感度が落ちます。コピーを作るときの技術が難しいとされ、クラミジアに似た遺伝子配列の混入物によって誤った判断をする危険性もあります。

そのほかに尿道、直腸、鼻咽頭粘膜などの細胞もクラミジア菌の検出のために利用可能ですが、腹腔内の細胞は簡単には採取できません。この方法の欠点は体表面に近い部位の細胞しか採取出来ないということです。

また、腹腔内の直接感染を診断するためには血液中の抗体検査をすることになります。

他の検査方法に比べると非常に感度がいいので、郵送検査や臨床的に通用する検査法としてはPCR法と、IDEIA法くらいでしょう。

最近では検査法も改良が進み感度が非常に向上していますが、PCR法と同等もしくはそれ以上の検査方法はまだないようです。


【実際の検査方法(PCR法)】
1)女性の場合
初感染部位である子宮頸管の頸管上皮細胞が検体になります。
(膣分泌液を採取、検査します)

2)男性の場合
 子宮頸管のかわりに尿道(検尿)の検査をします。

【検査結果の見方】
この検査でクラミジア菌自体がその部位に存在するか否かを知ることができます。
すなわち、現在感染しているかどうかがわかります。陽性であれば治療が必要です。


>> クラミジアの血中抗体検査
>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)
>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


クラミジアの血中抗体検査とは

クラミジアの血中抗体検査は血清中の免疫抗体を測定します。この方法の利点は検査材料が血清を用いるので擦過抗原検査と比べて検体採取が容易で採取部位や採取方法によりバラツキが少ないことがあります。

クラミジアは感染後しばらくすると自覚症状が消えて、感染したクラミジア菌が今どこに存在するのか不明になることがあります。

さらにクラミジア感染した時期がいつか分からない場合は感染したクラミジア菌が体の奥へと侵入していき、検査した場所にクラミジア菌が検出できない場合もよくあるのです。

つまり『検査をしたのに陰性だった』という事態もあるのです。

感染後時間がかなり経過してしまった場合や、感染時期をいつか特定できない場合にはクラミジア抗原検査が陰性にでる時がありますので、血中抗体検査法で検査したほうがより正確な結果がでるようです。

(血中抗体検査の見方)
体内に病原菌が侵入した際にその病原菌と戦うために免疫グロブリンが生成されます。
免疫グロブリンには5種類がありますがそのうち2つの組み合わせによって感染状態、感染してからの経過時間が推定できます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  【抗体IgA】       【抗体IgG】           【判定の仕方】
活動性をみる       感染の既往歴をみる
各種粘膜・唾液・涙に有
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    −            −      ⇒   感染していない

    +            −      ⇒   粘膜に感染している可能性有
                              (初期の感染)  

    −            +      ⇒   感染歴がある
                            (抗原検査が陽性なら、現在感染している)

    +            +      ⇒  過去感染して、現在も感染状態
                            (感染が慢性的な状態)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【判定】
index
0.90未満  ; 陰性 −      
0.90〜1.099 ;判定保留(+−)⇒10日以降に採取の血液での再検査をお勧めします。
1.100〜2.999; 陽性 +
3.000以上 ; 強陽性(2+)


【抗体IgM】 感染すると最初に増えるがすぐ消える。

IgA抗体値が高いとき;クラミジア感染が現在活動的である(⇒他の人に感染する可能性が高い)
IgG抗体値が高いとき;クラミジアに感染した(既往歴)ことがある

以上2点を推測するのに利用されます。

抗体検査は抗原検査が困難な場合の補助診断としてその利用価値はありますが、確定診断にはなりません。

クラミジアに感染すると子宮頸管⇒子宮内膜⇒卵管上皮さらに腹水中へと上行性に進んで行きます。このように慢性的に感染した事例では、子宮頸管内にクラミジア菌の存在しないことが少なくありません。

特に問題になるのは継続感染です。薬をきちんと服用しないなどの治療が不充分な場合もあてはまりますし、このような事例では抗体価が順調に下降していきません。

このように「抗体価の下降不良」では継続感染に注意が必要です。

>> クラミジア抗原検出法(PCR法)
>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)
>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


クラミジアの血中抗体検査とは

クラミジアの血中抗体検査は血清中の免疫抗体を測定します。この方法の利点は検査材料が血清を用いるので擦過抗原検査と比べて検体採取が容易で採取部位や採取方法によりバラツキが少ないことがあります。

クラミジアは感染後しばらくすると自覚症状が消えて、感染したクラミジア菌が今どこに存在するのか不明になることがあります。

さらにクラミジア感染した時期がいつか分からない場合は感染したクラミジア菌が体の奥へと侵入していき、検査した場所にクラミジア菌が検出できない場合もよくあるのです。

つまり『検査をしたのに陰性だった』という事態もあるのです。

感染後時間がかなり経過してしまった場合や、感染時期をいつか特定できない場合にはクラミジア抗原検査が陰性にでる時がありますので、血中抗体検査法で検査したほうがより正確な結果がでるようです。

(血中抗体検査の見方)
体内に病原菌が侵入した際にその病原菌と戦うために免疫グロブリンが生成されます。
免疫グロブリンには5種類がありますがそのうち2つの組み合わせによって感染状態、感染してからの経過時間が推定できます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  【抗体IgA】       【抗体IgG】           【判定の仕方】
活動性をみる       感染の既往歴をみる
各種粘膜・唾液・涙に有
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    −            −      ⇒   感染していない

    +            −      ⇒   粘膜に感染している可能性有
                              (初期の感染)  

    −            +      ⇒   感染歴がある
                            (抗原検査が陽性なら、現在感染している)

    +            +      ⇒  過去感染して、現在も感染状態
                            (感染が慢性的な状態)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【判定】
index
0.90未満  ; 陰性 −      
0.90〜1.099 ;判定保留(+−)⇒10日以降に採取の血液での再検査をお勧めします。
1.100〜2.999; 陽性 +
3.000以上 ; 強陽性(2+)


【抗体IgM】 感染すると最初に増えるがすぐ消える。

IgA抗体値が高いとき;クラミジア感染が現在活動的である(⇒他の人に感染する可能性が高い)
IgG抗体値が高いとき;クラミジアに感染した(既往歴)ことがある

以上2点を推測するのに利用されます。

抗体検査は抗原検査が困難な場合の補助診断としてその利用価値はありますが、確定診断にはなりません。

クラミジアに感染すると子宮頸管⇒子宮内膜⇒卵管上皮さらに腹水中へと上行性に進んで行きます。このように慢性的に感染した事例では、子宮頸管内にクラミジア菌の存在しないことが少なくありません。

特に問題になるのは継続感染です。薬をきちんと服用しないなどの治療が不充分な場合もあてはまりますし、このような事例では抗体価が順調に下降していきません。

このように「抗体価の下降不良」では継続感染に注意が必要です。

>> クラミジア抗原検出法(PCR法)
>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)
>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


クラミジアの検査方法

クラミジア検査は泌尿器科、産婦人科などで受けることが出来ます。

初尿や尿道擦過綿棒、子宮頸管擦過綿棒などを用い、遺伝子検査法(抗原検出法)で行います。また感染してしばらく時間が経過した場合やいつ感染したのか不明の場合などでは、先の抗原検査ではわからないことがありますので、血液検査法(血中抗体検査法)で検査します。

【まとめ】
◆男性 ・・・ 初尿(出はじめのおしっこ)を検査します。
◆女性 ・・・ 子宮頸管からの分泌物を検査します。
◆咽頭感染 ・・・ 咽頭周辺のぬぐい液を調べます。


■性行為など感染した日から
・発症まで約1〜3週間
・症状が出ないことが多く、この間もパートナーに感染させる可能性があります。


■検査可能な日
感染する可能性があった日から、
2〜3日たっていれば検査可能です。


病院へ行く時間がなかなかとれない、病院での検査は恥ずかしい・・という方、自宅で手軽にできる「郵送検診」で健常を確認することも可能ですヨ。

女性のクラミジア感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。

また男性のクラミジア感染者では、3人に1人は、自覚症状がありません。

夫婦や恋人どうしで知らないうちに感染していることもあります。
疾患予防、早期発見の感染防止が大切です。 パートナーとともに検査しましょう。

男性は検尿、女性は細胞診で約1〜2週間で検査結果が送られてきます。

自覚症状がなくても1年に1回のクラミジア検査をお勧めします。


クラミジア(男性用)郵送検診キット【ヘルコズショップ】

クラミジア(男性用)郵送検診キット

●検査は検尿です ●サイズは10センチの尿スピッツ ●重量は6グラム ●取り扱い説明書入り ●商品詳細、不明な点は電話相談窓口まで


クラミジア(女性用)郵送検診キット【ヘルコズショップ】

クラミジア(女性用)郵送検診キット

●検査は膣分泌物検査です●サイズ15センチの採取綿棒と容器●重量は6グラム●取り扱い説明書入り●商品詳細、不明な点は電話相談窓口まで●女性専用


明らかに感染している自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。
パートナーの感染率も高いので、2人同時の検査や治療が必要です。

◆治療について
1日〜1週間、薬を服用します。
劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎などの症状が出ている場合には、3〜5日ほど点滴を行います。


クラミジアの検査方法

クラミジア検査は泌尿器科、産婦人科などで受けることが出来ます。

初尿や尿道擦過綿棒、子宮頸管擦過綿棒などを用い、遺伝子検査法(抗原検出法)で行います。また感染してしばらく時間が経過した場合やいつ感染したのか不明の場合などでは、先の抗原検査ではわからないことがありますので、血液検査法(血中抗体検査法)で検査します。

【まとめ】
◆男性 ・・・ 初尿(出はじめのおしっこ)を検査します。
◆女性 ・・・ 子宮頸管からの分泌物を検査します。
◆咽頭感染 ・・・ 咽頭周辺のぬぐい液を調べます。


■性行為など感染した日から
・発症まで約1〜3週間
・症状が出ないことが多く、この間もパートナーに感染させる可能性があります。


■検査可能な日
感染する可能性があった日から、
2〜3日たっていれば検査可能です。


病院へ行く時間がなかなかとれない、病院での検査は恥ずかしい・・という方、自宅で手軽にできる「郵送検診」で健常を確認することも可能ですヨ。

女性のクラミジア感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。

また男性のクラミジア感染者では、3人に1人は、自覚症状がありません。

夫婦や恋人どうしで知らないうちに感染していることもあります。
疾患予防、早期発見の感染防止が大切です。 パートナーとともに検査しましょう。

男性は検尿、女性は細胞診で約1〜2週間で検査結果が送られてきます。

自覚症状がなくても1年に1回のクラミジア検査をお勧めします。


クラミジア(男性用)郵送検診キット【ヘルコズショップ】

クラミジア(男性用)郵送検診キット

●検査は検尿です ●サイズは10センチの尿スピッツ ●重量は6グラム ●取り扱い説明書入り ●商品詳細、不明な点は電話相談窓口まで


クラミジア(女性用)郵送検診キット【ヘルコズショップ】

クラミジア(女性用)郵送検診キット

●検査は膣分泌物検査です●サイズ15センチの採取綿棒と容器●重量は6グラム●取り扱い説明書入り●商品詳細、不明な点は電話相談窓口まで●女性専用


明らかに感染している自覚症状がある場合は、医療機関で早期診断を行うことをおすすめします。
パートナーの感染率も高いので、2人同時の検査や治療が必要です。

◆治療について
1日〜1週間、薬を服用します。
劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎などの症状が出ている場合には、3〜5日ほど点滴を行います。



Page: <<前の10件  1 < 2

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0