クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

クラミジアの感染経路

クラミジアSTD感染危険度チェックで確認しましょう

クラミジアは近年急増している性感染症で、検査・感染報告が現在もっとも多い性感染症です。 STD感染者数もここ4〜5年で急増し、国内感染者数は600万人、毎年60万人が感染していると推定されています。

あなたは大丈夫ですか?
不安な方は「クラミジアSTD感染危険度チェック」で確認してみましょう。

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?
さあ、「クラミジアSTD感染危険度チェック」で確認を!!
     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


YES・NO形式で簡単に危険度をチェックできます。

あなたは大丈夫?
このチェックシートでは、YES・NO形式であなたのSTD感染危険度をチェックします。
チェックをしながらあなたのセーファーセックスを考えてみましょう!


◆【STD予防法】〜性行為の前にこういうことにも注意しましょう。

4)STD感染予防;性行為の前にシャワーで全身きれいに
性器、皮膚、口の中など、人の体には性感染症の原因になる様々な病原菌が付着しています。
お互いに洗い落とし身体を清潔にしましょう。歯磨きをする場合は、口の中を傷つけないように注意して出血が無いようにして下さい。
傷口からの感染や血液による感染の危険性があります。

5)STD感染予防;性行為の前に排尿、排便をする
便の中に存在するウイルスが口から感染する場合があります。
すっきり排便して肛門付近を清潔にしましょう。女性は排尿を我慢していると膀胱炎になる可能性があります。
セックス直後の排尿もお勧めします。病原菌を洗い流して感染予防につながります。

6)STD感染予防;相手の性器をしっかり確認しよう
相手の性器をしっかり自分の目と鼻で確認しましょう。
男性の場合、尿道からの膿、性器のイボやブツブツ、尿道口の色が赤いなどの症状、
女性の場合は、性器のイボやブツブツ、悪臭などの症状があれば性感染症の疑いがあります。
陰毛周辺が痒そうで、頻繁にかいている場合や下着に膿やおりものが付着してゴアゴア状態になっている場合も注意が必要です。


7)STD感染予防;性器の粘膜を傷つけないように注意
のびた爪や器具の使用は、性器の粘膜を傷つける原因になります。
その場所から病原菌が侵入したり、血液を通して感染する可能性が高くなります。
器具を使用する場合は、コンドームをかぶせるなど注意が必要です。


8)STD感染予防;体調不良の時はセックスを控える
疲れがたまっている時や病気などで抵抗力が低下している場合は、性感染症に感染する可能性が高くなります。
また、疲労時のセックスが引き金になって、既に感染しているけれど症状の出ていないSTD(性感染症)が発症する(症状が出る)場合があります。

9)STD感染予防;生理中はセックスしない
生理中の女性性器はデリケートで傷つきやすく、傷口からの感染の可能性が高くなります。また、出血した血液から感染する可能性もあります。

また屋内にくらべ屋外は衛生状態が悪く、細菌やウイルスに感染しやすくなります。
指や爪が汚れたままでの性行為は、感染の可能性が高くなります。公園、砂浜、車内などでのセックスは慎みましょう。


10)STD感染予防;飲酒してのセックスはしない
アルコールの勢いでセックスに至るケースがよくありますが、アルコールや薬物は判断力を低下させます。
その場合、どうしても感染予防の行動を正しく実施できない場合が多くなります。

11)STD感染予防;寝具はいつも清潔にする
不潔な寝具には、感染源となる病原虫がいる可能性があります。寝具はいつも清潔に保つように心がけて下さい。

12)STD感染予防;タオル、カミソリ、歯ブラシなどは共用しない
血液による感染や病原菌の感染を防ぐためにタオル、カミソリ、歯ブラシなどの共用は避けて下さい。

13)STD感染予防;感染の疑いのあるときは献血しない
HIV(エイズウイルス)、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方は、献血をご遠慮下さい。
輸血を受けた人に感染させる危険性がないとはいえません。

14)STD感染予防;定期的に性病検査を受けるようにする
ご自身の現在の感染状態を確認するために、基本検査としてHIV(エイズウイルス)、クラミジア、淋菌、梅毒などの検査をされることをお勧めします。その他の検査は症状に応じて必要な検査を受けて下さい。
一般の方に比べてセックスチャンスの多いと思われる方は、定期的に検査を受けるようにしましょう。


クラミジアSTD感染危険度チェックで確認しましょう

クラミジアは近年急増している性感染症で、検査・感染報告が現在もっとも多い性感染症です。 STD感染者数もここ4〜5年で急増し、国内感染者数は600万人、毎年60万人が感染していると推定されています。

あなたは大丈夫ですか?
不安な方は「クラミジアSTD感染危険度チェック」で確認してみましょう。

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?
さあ、「クラミジアSTD感染危険度チェック」で確認を!!
     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


YES・NO形式で簡単に危険度をチェックできます。

あなたは大丈夫?
このチェックシートでは、YES・NO形式であなたのSTD感染危険度をチェックします。
チェックをしながらあなたのセーファーセックスを考えてみましょう!


◆【STD予防法】〜性行為の前にこういうことにも注意しましょう。

4)STD感染予防;性行為の前にシャワーで全身きれいに
性器、皮膚、口の中など、人の体には性感染症の原因になる様々な病原菌が付着しています。
お互いに洗い落とし身体を清潔にしましょう。歯磨きをする場合は、口の中を傷つけないように注意して出血が無いようにして下さい。
傷口からの感染や血液による感染の危険性があります。

5)STD感染予防;性行為の前に排尿、排便をする
便の中に存在するウイルスが口から感染する場合があります。
すっきり排便して肛門付近を清潔にしましょう。女性は排尿を我慢していると膀胱炎になる可能性があります。
セックス直後の排尿もお勧めします。病原菌を洗い流して感染予防につながります。

6)STD感染予防;相手の性器をしっかり確認しよう
相手の性器をしっかり自分の目と鼻で確認しましょう。
男性の場合、尿道からの膿、性器のイボやブツブツ、尿道口の色が赤いなどの症状、
女性の場合は、性器のイボやブツブツ、悪臭などの症状があれば性感染症の疑いがあります。
陰毛周辺が痒そうで、頻繁にかいている場合や下着に膿やおりものが付着してゴアゴア状態になっている場合も注意が必要です。


7)STD感染予防;性器の粘膜を傷つけないように注意
のびた爪や器具の使用は、性器の粘膜を傷つける原因になります。
その場所から病原菌が侵入したり、血液を通して感染する可能性が高くなります。
器具を使用する場合は、コンドームをかぶせるなど注意が必要です。


8)STD感染予防;体調不良の時はセックスを控える
疲れがたまっている時や病気などで抵抗力が低下している場合は、性感染症に感染する可能性が高くなります。
また、疲労時のセックスが引き金になって、既に感染しているけれど症状の出ていないSTD(性感染症)が発症する(症状が出る)場合があります。

9)STD感染予防;生理中はセックスしない
生理中の女性性器はデリケートで傷つきやすく、傷口からの感染の可能性が高くなります。また、出血した血液から感染する可能性もあります。

また屋内にくらべ屋外は衛生状態が悪く、細菌やウイルスに感染しやすくなります。
指や爪が汚れたままでの性行為は、感染の可能性が高くなります。公園、砂浜、車内などでのセックスは慎みましょう。


10)STD感染予防;飲酒してのセックスはしない
アルコールの勢いでセックスに至るケースがよくありますが、アルコールや薬物は判断力を低下させます。
その場合、どうしても感染予防の行動を正しく実施できない場合が多くなります。

11)STD感染予防;寝具はいつも清潔にする
不潔な寝具には、感染源となる病原虫がいる可能性があります。寝具はいつも清潔に保つように心がけて下さい。

12)STD感染予防;タオル、カミソリ、歯ブラシなどは共用しない
血液による感染や病原菌の感染を防ぐためにタオル、カミソリ、歯ブラシなどの共用は避けて下さい。

13)STD感染予防;感染の疑いのあるときは献血しない
HIV(エイズウイルス)、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方は、献血をご遠慮下さい。
輸血を受けた人に感染させる危険性がないとはいえません。

14)STD感染予防;定期的に性病検査を受けるようにする
ご自身の現在の感染状態を確認するために、基本検査としてHIV(エイズウイルス)、クラミジア、淋菌、梅毒などの検査をされることをお勧めします。その他の検査は症状に応じて必要な検査を受けて下さい。
一般の方に比べてセックスチャンスの多いと思われる方は、定期的に検査を受けるようにしましょう。


咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは

オーラルセックスで咽喉(のど)へクラミジア、淋病が感染するケースが大変増えています。

クラミジア・淋菌などの咽頭感染(のどへ感染)は日本の医学会でも現在研究中でもあり、不明な点がまだ多いようです。しかし、性器感染と咽頭(のど)への感染は別々ということを理解されてますか?

日本で、性器がクラミジアに感染している人の咽頭(のど)を調べた結果、男性の約13%が陽性、女性の約17%が陽性との報告もあります。

日本では女性の咽頭からクラミジアが検出される頻度が高いと考えられています。男性性器から女性の咽頭(のど)への感染が多いと考えられますが、男性の感染者を調べてみると同性愛者だけではありませんので、女性性器から男性の咽頭への感染もあることになります。

また、咽頭(のど)から性器への感染も考えられます。特に性風俗(ファッションマッサージ)などでの女性の咽頭から男性性器への感染が懸念されています。

ヘルス嬢450名を検査した結果、咽頭への淋菌の感染者が14%、クラミジアが7%、性器(子宮頸管)への感染が淋菌で0.2%、クラミジアで19%との報告もあります。

定期的に検査を行う風俗店では感染率が低下しますが、残念ながらまだまだ検査を行っているところは少ないのが現状です。感染予防のためには、オーラルセックス時もコンドームをしたり、定期的に検査を受けることをお勧めいたします。

◆『性器感染』と『咽頭(のど)の感染』は別々です!
性器へクラミジアが感染した場合、パートナーへの感染予防のために、完治するまでは性行為は当然控えた方がいいわけですが、「治療中でもフェラチオなら彼にうつさないでしょうか?」、「性器の検査でクラミジアに感染していなかったので、咽頭(のど)への感染も大丈夫だと思っていいですか?」、という質問を受けます。

クラミジアに感染するということが、その部分に感染するだけなのか、またはその部分からクラミジアというウイルスが体内の血液などを通って全身が感染しているということになるのか・・・というあたりがはっきりしないせいだと思われます。

結論としましては、性器への感染と咽頭(のど)への感染は別々に感染するということです。「性器は感染していても、のどは感染していない」こともありますし、「のどは感染していても性器は感染していない」こともあります。また、性器と咽頭の両方に感染していることもあるのです。

また咽喉の性病感染は性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。
この理由につぃては性器や膣と違って口の中にはもともと細菌が多く存在します。
それ故口の中の細菌と咽喉の性病を発症させた菌とが遺伝子交換を行い、
さらに抗体を作りだすことで、より強い菌が発現しやいやすいためと考えられています。

これが、咽喉の性病が性器感染の性病より治りにくい原因と言われています。

このようにクラミジアや淋病の咽喉感染を放置していると、耐性菌の出現で抗生物質が
効かなくなり治りにくくなる恐れもありますので注意が必要です。
咽喉感染が疑わしいときは早目の検査をおすすめします。

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)


咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは

オーラルセックスで咽喉(のど)へクラミジア、淋病が感染するケースが大変増えています。

クラミジア・淋菌などの咽頭感染(のどへ感染)は日本の医学会でも現在研究中でもあり、不明な点がまだ多いようです。しかし、性器感染と咽頭(のど)への感染は別々ということを理解されてますか?

日本で、性器がクラミジアに感染している人の咽頭(のど)を調べた結果、男性の約13%が陽性、女性の約17%が陽性との報告もあります。

日本では女性の咽頭からクラミジアが検出される頻度が高いと考えられています。男性性器から女性の咽頭(のど)への感染が多いと考えられますが、男性の感染者を調べてみると同性愛者だけではありませんので、女性性器から男性の咽頭への感染もあることになります。

また、咽頭(のど)から性器への感染も考えられます。特に性風俗(ファッションマッサージ)などでの女性の咽頭から男性性器への感染が懸念されています。

ヘルス嬢450名を検査した結果、咽頭への淋菌の感染者が14%、クラミジアが7%、性器(子宮頸管)への感染が淋菌で0.2%、クラミジアで19%との報告もあります。

定期的に検査を行う風俗店では感染率が低下しますが、残念ながらまだまだ検査を行っているところは少ないのが現状です。感染予防のためには、オーラルセックス時もコンドームをしたり、定期的に検査を受けることをお勧めいたします。

◆『性器感染』と『咽頭(のど)の感染』は別々です!
性器へクラミジアが感染した場合、パートナーへの感染予防のために、完治するまでは性行為は当然控えた方がいいわけですが、「治療中でもフェラチオなら彼にうつさないでしょうか?」、「性器の検査でクラミジアに感染していなかったので、咽頭(のど)への感染も大丈夫だと思っていいですか?」、という質問を受けます。

クラミジアに感染するということが、その部分に感染するだけなのか、またはその部分からクラミジアというウイルスが体内の血液などを通って全身が感染しているということになるのか・・・というあたりがはっきりしないせいだと思われます。

結論としましては、性器への感染と咽頭(のど)への感染は別々に感染するということです。「性器は感染していても、のどは感染していない」こともありますし、「のどは感染していても性器は感染していない」こともあります。また、性器と咽頭の両方に感染していることもあるのです。

また咽喉の性病感染は性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。
この理由につぃては性器や膣と違って口の中にはもともと細菌が多く存在します。
それ故口の中の細菌と咽喉の性病を発症させた菌とが遺伝子交換を行い、
さらに抗体を作りだすことで、より強い菌が発現しやいやすいためと考えられています。

これが、咽喉の性病が性器感染の性病より治りにくい原因と言われています。

このようにクラミジアや淋病の咽喉感染を放置していると、耐性菌の出現で抗生物質が
効かなくなり治りにくくなる恐れもありますので注意が必要です。
咽喉感染が疑わしいときは早目の検査をおすすめします。

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)


クラミジアの母子感染

【母子感染のリスク】

妊婦がクラミジアに感染している場合、分娩時に産道において新生児がクラミジアに感染(母子感染する恐れがあります。

新生児が感染した場合、クラミジアは増殖に時間がかかることから、潜伏期間は長く、クラミジア結膜炎は生後7日以降、クラミジア肺炎は生後2ヶ月以降に発症することが多いです。

◆感染に気がつきにくいクラミジア

クラミジアは早い時期に感染がわかると、抗生剤を1日〜1週間服用することにより大半は完治することができます。しかしながら、発見が遅れると大変なことになる場合が少なくありません。

女性への感染の場合、性行為による男性性器と膣部の接触等により、膣と子宮を結ぶ子宮頸管という子宮の入口部分に感染します。すると、感染後1〜3週間で子宮頸管炎をおこし、速やかに子宮を経て腹腔内(おなかの中)に感染が広がり、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などをおこします。

おりものの増加や不正出血、下腹部痛などの症状がありますが、大半の人は症状を自覚しないまま病気が進行してしまうことが多いと言われています。


◆クラミジアは放置すると不妊症になるケースもあるので怖い性感染症

感染が早くわかれば服薬治療ですぐに対処できるクラミジアですが、女性が長期に感染し続けた場合などは、卵管炎をおこして不妊症になる可能性があり、特に大きな影響を及ぼします。
(ちなみに、妊娠した女性には母子感染を防ぐため、妊婦検診としてクラミジアの検査が行われています。)

クラミジアの影響が卵管に及ぶことにより、卵管の細胞が損傷したり癒着がおこったりします。卵管内にうみなどが溜まることもあります。卵管がせまくなることにより受精卵の輸送が阻害されてしまい、最悪の場合は卵管が閉鎖して妊娠が不可能ということになります。

卵管に異常を示す不妊症患者のクラミジアの抗体保有率は、卵管に異常を認めない不妊症患者のクラミジア抗体保有率に比べると高くなっているとの報告もあり、クラミジアは不妊症との関連性が高いと考えられています。

今、一番心配されることは、クラミジアは特に10〜20代の若い世代で感染が広がっていることです。知らない間に感染し気がつかないまま体を蝕んでしまうため、早期発見・早期治療ができずに不妊症の方が増加してしまうことが、医療関係者の間でも懸念されています。

また、クラミジアに感染していると子宮頸管などが炎症をおこしているため、そこからHIV(エイズウイルス)に感染する確率が3〜5倍になると言われています。


クラミジアの母子感染

【母子感染のリスク】

妊婦がクラミジアに感染している場合、分娩時に産道において新生児がクラミジアに感染(母子感染する恐れがあります。

新生児が感染した場合、クラミジアは増殖に時間がかかることから、潜伏期間は長く、クラミジア結膜炎は生後7日以降、クラミジア肺炎は生後2ヶ月以降に発症することが多いです。

◆感染に気がつきにくいクラミジア

クラミジアは早い時期に感染がわかると、抗生剤を1日〜1週間服用することにより大半は完治することができます。しかしながら、発見が遅れると大変なことになる場合が少なくありません。

女性への感染の場合、性行為による男性性器と膣部の接触等により、膣と子宮を結ぶ子宮頸管という子宮の入口部分に感染します。すると、感染後1〜3週間で子宮頸管炎をおこし、速やかに子宮を経て腹腔内(おなかの中)に感染が広がり、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などをおこします。

おりものの増加や不正出血、下腹部痛などの症状がありますが、大半の人は症状を自覚しないまま病気が進行してしまうことが多いと言われています。


◆クラミジアは放置すると不妊症になるケースもあるので怖い性感染症

感染が早くわかれば服薬治療ですぐに対処できるクラミジアですが、女性が長期に感染し続けた場合などは、卵管炎をおこして不妊症になる可能性があり、特に大きな影響を及ぼします。
(ちなみに、妊娠した女性には母子感染を防ぐため、妊婦検診としてクラミジアの検査が行われています。)

クラミジアの影響が卵管に及ぶことにより、卵管の細胞が損傷したり癒着がおこったりします。卵管内にうみなどが溜まることもあります。卵管がせまくなることにより受精卵の輸送が阻害されてしまい、最悪の場合は卵管が閉鎖して妊娠が不可能ということになります。

卵管に異常を示す不妊症患者のクラミジアの抗体保有率は、卵管に異常を認めない不妊症患者のクラミジア抗体保有率に比べると高くなっているとの報告もあり、クラミジアは不妊症との関連性が高いと考えられています。

今、一番心配されることは、クラミジアは特に10〜20代の若い世代で感染が広がっていることです。知らない間に感染し気がつかないまま体を蝕んでしまうため、早期発見・早期治療ができずに不妊症の方が増加してしまうことが、医療関係者の間でも懸念されています。

また、クラミジアに感染していると子宮頸管などが炎症をおこしているため、そこからHIV(エイズウイルス)に感染する確率が3〜5倍になると言われています。


コンドームを使用する〜性病の予防方法

性器クラミジア感染症は,性交渉において,コンドームを最初から最後まできちんと使用すれば防げる病気です。

コンドームの使用が一番現実的で確実な感染予防方法ですが、コンドームで予防できない性感染症もあるので100%確実ではありません。

感染予防の為には、膣性交の時だけでなくオーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)の場合でも必ず使用してください。ただし、正しい方法で使用していないと感染する可能性があります。女性用コンドーム、オーラルセックス用コンドームも販売されています。

治療終了後2-3ヶ月後にもう一度性器クラミジア感染症の検査を受けて,感染が続いていないか,再発していないか,確認した方がよいでしょう。


【母子感染のリスク】

妊婦がクラミジアに感染している場合、分娩時に産道において新生児がクラミジアに感染(母子感染)する恐れがあります。

新生児が感染した場合、クラミジアは増殖に時間がかかることから、潜伏期間は長く、クラミジア結膜炎は生後7日以降、クラミジア肺炎は生後2ヶ月以降に発症することが多い。


治療

治療には抗菌薬、とくにテトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、およびニューキノロン系薬が使用されます。

クラミジアは男女間でお互いに感染させるいわゆるピンポン感染があるため、両者の治療を同時に行うことが重要です。


コンドームを使用する〜性病の予防方法

性器クラミジア感染症は,性交渉において,コンドームを最初から最後まできちんと使用すれば防げる病気です。

コンドームの使用が一番現実的で確実な感染予防方法ですが、コンドームで予防できない性感染症もあるので100%確実ではありません。

感染予防の為には、膣性交の時だけでなくオーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)の場合でも必ず使用してください。ただし、正しい方法で使用していないと感染する可能性があります。女性用コンドーム、オーラルセックス用コンドームも販売されています。

治療終了後2-3ヶ月後にもう一度性器クラミジア感染症の検査を受けて,感染が続いていないか,再発していないか,確認した方がよいでしょう。


【母子感染のリスク】

妊婦がクラミジアに感染している場合、分娩時に産道において新生児がクラミジアに感染(母子感染)する恐れがあります。

新生児が感染した場合、クラミジアは増殖に時間がかかることから、潜伏期間は長く、クラミジア結膜炎は生後7日以降、クラミジア肺炎は生後2ヶ月以降に発症することが多い。


治療

治療には抗菌薬、とくにテトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、およびニューキノロン系薬が使用されます。

クラミジアは男女間でお互いに感染させるいわゆるピンポン感染があるため、両者の治療を同時に行うことが重要です。


クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路としてはあらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染する恐れがあります。

・性器クラミジア感染症はクラミジアトラコマティスという病原体により感染します。
・感染者との粘膜同士の接触や、精液、膣分泌液を介して感染します。
・オーラルセックスでは、咽頭(のど)へも感染します。
・クラミジアに感染していると、HIV(エイズウイルス)への感染が3〜5倍になります。
・妊婦の方は、妊婦検診を受けることにより、出産時の母子感染を防ぐことができます。

◆クラミジアの咽喉感染について

あまり広く認識されていないようですが、クラミジアはセックスによる感染だけでなく、オーラルセックス(フェラチオ)でも感染します。
これは、クラミジアが円柱上皮細胞に入り込み増殖する特性を持つためです。

円柱上皮細胞とは、分泌物を出したり、養分の吸収を行う個所を形成する細胞で、人の部位として性器や、口の中、腸などがあげられます。

このため、咽喉からでもクラミジアは感染が起こるため、性風俗店での女性の咽喉からの感染する男の感染者も増えています。

オーラルセックスなどにより咽頭(のど)のクラミジア感染が増加しています。
女性が男性に対してフェラチオした場合、

「1)男性の性器から女性の咽頭に感染する可能性」と
「2)女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性」があり、咽頭炎などをおこします。

慢性の扁桃腺炎になることもあります。

ただし、咽頭のクラミジア感染の場合、症状が出ない場合が多いようです。
また、性器クラミジアに感染している女性の10〜20%は、咽頭からもクラミジアが検出されたとの報告もあります。

性器への感染と咽頭の感染は、感染部位が違うため別のものとなります。
よって、咽頭だけ感染することもあります。


クラミジアの女性感染者は男性感染者以上に自覚症状が乏しいため、治療に至ることが少なく無意識のうちに感染者を増やしてしまう可能性も高いことも原因の一つと考えられます。

また、妊婦検診においてクラミジア保有者が3〜5%見つかることから、実際の報告以上に感染者は多いと予想されます。

>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは
>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)


クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路としてはあらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染する恐れがあります。

・性器クラミジア感染症はクラミジアトラコマティスという病原体により感染します。
・感染者との粘膜同士の接触や、精液、膣分泌液を介して感染します。
・オーラルセックスでは、咽頭(のど)へも感染します。
・クラミジアに感染していると、HIV(エイズウイルス)への感染が3〜5倍になります。
・妊婦の方は、妊婦検診を受けることにより、出産時の母子感染を防ぐことができます。

◆クラミジアの咽喉感染について

あまり広く認識されていないようですが、クラミジアはセックスによる感染だけでなく、オーラルセックス(フェラチオ)でも感染します。
これは、クラミジアが円柱上皮細胞に入り込み増殖する特性を持つためです。

円柱上皮細胞とは、分泌物を出したり、養分の吸収を行う個所を形成する細胞で、人の部位として性器や、口の中、腸などがあげられます。

このため、咽喉からでもクラミジアは感染が起こるため、性風俗店での女性の咽喉からの感染する男の感染者も増えています。

オーラルセックスなどにより咽頭(のど)のクラミジア感染が増加しています。
女性が男性に対してフェラチオした場合、

「1)男性の性器から女性の咽頭に感染する可能性」と
「2)女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性」があり、咽頭炎などをおこします。

慢性の扁桃腺炎になることもあります。

ただし、咽頭のクラミジア感染の場合、症状が出ない場合が多いようです。
また、性器クラミジアに感染している女性の10〜20%は、咽頭からもクラミジアが検出されたとの報告もあります。

性器への感染と咽頭の感染は、感染部位が違うため別のものとなります。
よって、咽頭だけ感染することもあります。


クラミジアの女性感染者は男性感染者以上に自覚症状が乏しいため、治療に至ることが少なく無意識のうちに感染者を増やしてしまう可能性も高いことも原因の一つと考えられます。

また、妊婦検診においてクラミジア保有者が3〜5%見つかることから、実際の報告以上に感染者は多いと予想されます。

>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは
>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0