クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

他の性感染症解説

C型肝炎とは

C型肝炎は血液からの感染がほとんどで、日本での感染者数は150万人とも言われています。

感染者の30~40%に輸血の経験があり、現在は献血時の検査の実施により輸血での感染は減少しています。麻薬などの注射器の使いまわしで、感染する可能性が高くなります。

性行為による感染の可能性もありますが、感染率は低いようです。

C型肝炎は症状は軽いですが、感染者の7割前後は慢性化し、肝硬変から肝臓がんに進む可能性が高いです。肝臓がんによる死亡者数は年間3万人を超え増加傾向にありますが、その8割がC型肝炎をともなってます。

【症状】(男性、女性共通)

全身倦怠(だるさ)、食欲減退、濃い色の尿が出る、発熱、黄疸(体や白目が黄色っぽくなる)など急性のC型肝炎で、前記の症状の出る人は20~30%と言われます。通常、A型肝炎やB型肝炎に比べて症状は軽く、自覚症状の現れない人が多いです。

症状が出るまで約2週間~3ヶ月かかります。(個人差あり) 感染してC型肝炎ウイルスの抗体ができるまでの期間は1~3ヶ月といいます。

治療を行い、慢性化や劇症肝炎(肝臓の炎症が強くなり、肝細胞が死滅)にならなければ、完治します。ただし、C型肝炎の特徴は慢性化することで、初感染で約6~7割が慢性化するといいます。

【感染経路】

1)血液による感染
  輸血や麻薬などの注射器の使いまわしなどが原因となります。
  (*現在は献血時の検査で、輸血の感染は減少)

2)性行為による感染
  性行為で感染の可能性がありますが、感染率は低いようです。
  ⇒注)性産業従事者のC型肝炎ウイルス抗体の陽性率は、同年代の女性の8~10倍といいます

3)母子感染
  生まれる時に感染のケースがあります。

【検査法】

臨床診断と血液検査を行います。

検査方法により異なり、感染日から1週間後~3ヶ月後検査可能です。もちろん、症状がでていれば検査可能です。
(⇒70~80%の人は症状が出ません。症状が出ていない状態でもパートナーに感染させるケースもあります。)

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

【治療法】

C型肝炎の治療は専門医の判断に従ってください。(その状態により治療方法や効果が違おます)
急性肝炎の場合は、安静、食事療法、抗炎症療法など、慢性肝炎の場合は、抗ウイルス剤の投与などがあります。

検査数値が低下しているか、確認を静観します。

【予防法】

性交時のコンドームの使用は有効です。性行為による感染の可能性は低いですが、肛門性交や生理中の性交など出血と粘膜にキズができる行為は感染のリスクが高いといえます。

◆ パートナーの感染は?
C型肝炎ウイルスのキャリアのパートナーの方は、念のため検査されたほうがいいです。

治療を行い、慢性化や劇症肝炎にならなければ完治します。C型肝炎の特徴は慢性化することで、慢性化した場合には自然治癒することはほとんどなく、肝硬変から肝臓がんへの進行する可能性もあります。

>>  【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


C型肝炎とは

C型肝炎は血液からの感染がほとんどで、日本での感染者数は150万人とも言われています。

感染者の30~40%に輸血の経験があり、現在は献血時の検査の実施により輸血での感染は減少しています。麻薬などの注射器の使いまわしで、感染する可能性が高くなります。

性行為による感染の可能性もありますが、感染率は低いようです。

C型肝炎は症状は軽いですが、感染者の7割前後は慢性化し、肝硬変から肝臓がんに進む可能性が高いです。肝臓がんによる死亡者数は年間3万人を超え増加傾向にありますが、その8割がC型肝炎をともなってます。

【症状】(男性、女性共通)

全身倦怠(だるさ)、食欲減退、濃い色の尿が出る、発熱、黄疸(体や白目が黄色っぽくなる)など急性のC型肝炎で、前記の症状の出る人は20~30%と言われます。通常、A型肝炎やB型肝炎に比べて症状は軽く、自覚症状の現れない人が多いです。

症状が出るまで約2週間~3ヶ月かかります。(個人差あり) 感染してC型肝炎ウイルスの抗体ができるまでの期間は1~3ヶ月といいます。

治療を行い、慢性化や劇症肝炎(肝臓の炎症が強くなり、肝細胞が死滅)にならなければ、完治します。ただし、C型肝炎の特徴は慢性化することで、初感染で約6~7割が慢性化するといいます。

【感染経路】

1)血液による感染
  輸血や麻薬などの注射器の使いまわしなどが原因となります。
  (*現在は献血時の検査で、輸血の感染は減少)

2)性行為による感染
  性行為で感染の可能性がありますが、感染率は低いようです。
  ⇒注)性産業従事者のC型肝炎ウイルス抗体の陽性率は、同年代の女性の8~10倍といいます

3)母子感染
  生まれる時に感染のケースがあります。

【検査法】

臨床診断と血液検査を行います。

検査方法により異なり、感染日から1週間後~3ヶ月後検査可能です。もちろん、症状がでていれば検査可能です。
(⇒70~80%の人は症状が出ません。症状が出ていない状態でもパートナーに感染させるケースもあります。)

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

【治療法】

C型肝炎の治療は専門医の判断に従ってください。(その状態により治療方法や効果が違おます)
急性肝炎の場合は、安静、食事療法、抗炎症療法など、慢性肝炎の場合は、抗ウイルス剤の投与などがあります。

検査数値が低下しているか、確認を静観します。

【予防法】

性交時のコンドームの使用は有効です。性行為による感染の可能性は低いですが、肛門性交や生理中の性交など出血と粘膜にキズができる行為は感染のリスクが高いといえます。

◆ パートナーの感染は?
C型肝炎ウイルスのキャリアのパートナーの方は、念のため検査されたほうがいいです。

治療を行い、慢性化や劇症肝炎にならなければ完治します。C型肝炎の特徴は慢性化することで、慢性化した場合には自然治癒することはほとんどなく、肝硬変から肝臓がんへの進行する可能性もあります。

>>  【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


B型肝炎とは

B型肝炎は海外(アジア、アフリカなど)で感染して国内に持ち込むケースが多いといいます。 日本にはB型肝炎ウイルス感染者数は100万人以上と推定されます。

成人では性行為による感染者が多く、他に血液による感染と母子感染があります。感染率は、エイズウイルスやC型肝炎ウイルスより高いといいます。

B型肝炎には、急性のものと慢性化するものとあります。
急性の感染者の半数以上は、感染しても症状が出ずに自然治癒することもあります。
治療は安静にすることが大切です。


【症状】(男性、女性共通)

全身倦怠(だるさ)、食欲減退、微熱程度の発熱、関節痛、赤褐色(赤く濃い色)の尿が出る、黄疸(体や白目が黄色っぽくなる) など症状がでます。(この症状は感染者の約3分の1程度といいます。)感染者の半数以上は症状が出ずに、自然治癒します。

ただし個人差があり、症状が出るまで約1~6ヶ月程度潜伏期間あります。

肝臓疾患の目安である、GPTやGOT値が異常に高い場合や、黄疸の症状がでる場合は入院が必要です。

一般的には安静により、症状が出てから2~3ヶ月で自然治癒します。

ただし、まれに劇症肝炎など(肝臓の炎症が非常に強く、肝細胞のほとんどが死滅)があり、肝臓移植をしない場合死亡率が60~70%です。


【感染経路】

1)性行為による感染
  あらゆる性行為(オーラルセックス、アナルセックスなど)で感染

2)血液による感染
  輸血や麻薬による注射器の使いまわしなどにより感染

3)母子感染
  生まれてくる時の粘膜感染、母子感染した子供は治療をしないと慢性化、キャリアになる。

【検査法】
臨床診断と血液検査を行います。

感染後1~6ヶ月で潜伏期間の間でも検査可能ですが、検査反応の出る期間に個人差があり、自覚症状が出てからの検査のほうが確実です。
(⇒症状が出ない場合も有)

ただし、症状が出ていない時でもパートナーに感染する可能性あり。

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

【治療法】

2~3ヶ月で自然治癒することもありますが、検査数値が異常に高い時や黄疸などの症状があると入院が必要です。ウイルスに抵抗する抗生物質の注射や服用、食欲不振の時には点滴します。

退院後は、検査数値の低下の様子をみながら通院します。

【予防法】

性行為による感染予防は、コンドームが有効です。 アナルセックスや生理中の性行為など、出血や粘膜のキズができやすくなりますので感染のリスクは高まります。

感染が判明したら、パートナーも検査しましょう。
通常B型肝炎の感染源の人は、キャリアと考えられますし、ウイルス量も多いと予想されます。医療機関の受診をおすすめします。

◆ワクチンの接種
パートナーがB型肝炎キャリアで、自分は未感染の場合ワクチン接種しておくと安心です。
急性のB型肝炎に一度感染した人は、体内に抗体ができますで再感染の恐れはありません。

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


B型肝炎とは

B型肝炎は海外(アジア、アフリカなど)で感染して国内に持ち込むケースが多いといいます。 日本にはB型肝炎ウイルス感染者数は100万人以上と推定されます。

成人では性行為による感染者が多く、他に血液による感染と母子感染があります。感染率は、エイズウイルスやC型肝炎ウイルスより高いといいます。

B型肝炎には、急性のものと慢性化するものとあります。
急性の感染者の半数以上は、感染しても症状が出ずに自然治癒することもあります。
治療は安静にすることが大切です。


【症状】(男性、女性共通)

全身倦怠(だるさ)、食欲減退、微熱程度の発熱、関節痛、赤褐色(赤く濃い色)の尿が出る、黄疸(体や白目が黄色っぽくなる) など症状がでます。(この症状は感染者の約3分の1程度といいます。)感染者の半数以上は症状が出ずに、自然治癒します。

ただし個人差があり、症状が出るまで約1~6ヶ月程度潜伏期間あります。

肝臓疾患の目安である、GPTやGOT値が異常に高い場合や、黄疸の症状がでる場合は入院が必要です。

一般的には安静により、症状が出てから2~3ヶ月で自然治癒します。

ただし、まれに劇症肝炎など(肝臓の炎症が非常に強く、肝細胞のほとんどが死滅)があり、肝臓移植をしない場合死亡率が60~70%です。


【感染経路】

1)性行為による感染
  あらゆる性行為(オーラルセックス、アナルセックスなど)で感染

2)血液による感染
  輸血や麻薬による注射器の使いまわしなどにより感染

3)母子感染
  生まれてくる時の粘膜感染、母子感染した子供は治療をしないと慢性化、キャリアになる。

【検査法】
臨床診断と血液検査を行います。

感染後1~6ヶ月で潜伏期間の間でも検査可能ですが、検査反応の出る期間に個人差があり、自覚症状が出てからの検査のほうが確実です。
(⇒症状が出ない場合も有)

ただし、症状が出ていない時でもパートナーに感染する可能性あり。

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

【治療法】

2~3ヶ月で自然治癒することもありますが、検査数値が異常に高い時や黄疸などの症状があると入院が必要です。ウイルスに抵抗する抗生物質の注射や服用、食欲不振の時には点滴します。

退院後は、検査数値の低下の様子をみながら通院します。

【予防法】

性行為による感染予防は、コンドームが有効です。 アナルセックスや生理中の性行為など、出血や粘膜のキズができやすくなりますので感染のリスクは高まります。

感染が判明したら、パートナーも検査しましょう。
通常B型肝炎の感染源の人は、キャリアと考えられますし、ウイルス量も多いと予想されます。医療機関の受診をおすすめします。

◆ワクチンの接種
パートナーがB型肝炎キャリアで、自分は未感染の場合ワクチン接種しておくと安心です。
急性のB型肝炎に一度感染した人は、体内に抗体ができますで再感染の恐れはありません。

>> 【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


ケジラミとは

ケジラミに感染するのは陰毛が直接接触することがほとんどで、その結果かなり激しい痒みとなります。

ケジラミの感染は通常性行為による接触感染がほとんどですが、接触が多い母子間、衣類や毛布、タオル類などを介して、間接的に感染するケースもあります。

治療には陰毛を全部そることがもっとも効果的です。寄生場所を全部そるのが確実ですが、できないときは薬用のシャンプーやパウダーの使用により治療します。

陰毛が性行為による接触で感染するので、コンドームでは予防できません。

ケジラミ症と同時に他のSTDに感染していることも多く、梅毒やHIVなどの検査を行うことが望まれます。

>> 【今すぐチェック!】性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


【ケジラミとはどんな虫でしょう?】
ケジラミとは吸血性昆虫で、その体の特徴は少し茶色味~灰色がかった白色で、円形に近く、触覚を持つ小さな頭部と計6本の脚があります。

シラミの一種です。
(体長);メス成虫⇒1.0~1.2mmくらい
     オス成虫⇒0.8~1.0mmくらい

卵~成虫~死ぬまで約1ヶ月ほどのサイクルで、大体卵を30~40個ほど産み、1週間程度でかえります。卵は毛の根元近くに密集して、接着剤様な物質で固定されます。卵は陰毛に寄生することが多く(ヒゲ、頭髪にも感染すること有)、人間の血を吸います。

過去激減していましたが、1990年代中頃より感染者が増加しています。


【ケジラミ症の感染経路】

感染は陰毛が直接接触することがほとんどですが、接触が多い母子間、衣類や毛布、タオル類などを介して、間接的に感染するケースもあります。


【ケジラミ症症状】(男性、女性とも共通)

ケジラミは主に陰毛に寄生、また肛門周囲、ワキ毛、胸毛などの体毛や、まれに頭髪やひげにも寄生します。

その症状は感染した部位に激しい痒みがあります。

(特徴)
・まれに感染しても痒みのない人もいます。
・痒みがあっても、通常湿疹が出ません
・下着に黒色の点状のしみがついてる場合があります。
  ⇒ これはケジラミの血糞です


性行為の相手以外に家族などにも簡単に感染します。速やかな治療が大切です。

(口周辺への感染の可能性)
フェラチオやクリニングスでのどには感染しませんが、口周辺のひげには感染するケースがあります。


【ケジラミ症治療】
一番確実な対策は、ケジラミの寄生部位の毛を全てそることです。そしてケジラミの寄生場所をフェノトリンパウダーやフェノトリンシャンプーで洗い落とし殺虫することを繰り返します。

(治療薬 )
・フェノトリンパウダー
・フェノトリンシャンプー
※市販薬として販売されてます。
  ⇒スミスリンパウダー
    スミスリンシャンプー

*パウダーの処置の仕方
ケジラミの寄生部位に散布し、1~2時間後に洗い落とします。

*シャンプーの処置の仕方
3~5mlを陰毛に塗り、5分後に洗い落とします。この薬剤は卵には効果が薄いので、卵の孵化する時期を見込んで、3~4日ごとに3~4回繰り返します。

陰毛以外に寄生しているときはその部位も同じように処置する必要があります。

衣類や寝具などにもケジラミがある期間(48時間程度)残存している可能性もあります。念のため衣類とかも熱処理やドライクリーニングしておいうたほうがいいでしょう。

ケジラミと卵が全て駆除され、痒みがなくなれば完治です。


【ケジラミ症予防法】

コンドームではケジラミは予防できません。

パートナーにもの感染の可能性がありますので、感染後1~2ヶ月後に症状が出るため、1~2ヶ月前に性交渉のあったパートナーの検査も必要です。

ケジラミ症と同時に他のSTDに感染していることも多いいといいます。梅毒やHIVなどの検査も行うことが望まれます。

>> 【今すぐチェック!】性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


ケジラミとは

ケジラミに感染するのは陰毛が直接接触することがほとんどで、その結果かなり激しい痒みとなります。

ケジラミの感染は通常性行為による接触感染がほとんどですが、接触が多い母子間、衣類や毛布、タオル類などを介して、間接的に感染するケースもあります。

治療には陰毛を全部そることがもっとも効果的です。寄生場所を全部そるのが確実ですが、できないときは薬用のシャンプーやパウダーの使用により治療します。

陰毛が性行為による接触で感染するので、コンドームでは予防できません。

ケジラミ症と同時に他のSTDに感染していることも多く、梅毒やHIVなどの検査を行うことが望まれます。

>> 【今すぐチェック!】性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


【ケジラミとはどんな虫でしょう?】
ケジラミとは吸血性昆虫で、その体の特徴は少し茶色味~灰色がかった白色で、円形に近く、触覚を持つ小さな頭部と計6本の脚があります。

シラミの一種です。
(体長);メス成虫⇒1.0~1.2mmくらい
     オス成虫⇒0.8~1.0mmくらい

卵~成虫~死ぬまで約1ヶ月ほどのサイクルで、大体卵を30~40個ほど産み、1週間程度でかえります。卵は毛の根元近くに密集して、接着剤様な物質で固定されます。卵は陰毛に寄生することが多く(ヒゲ、頭髪にも感染すること有)、人間の血を吸います。

過去激減していましたが、1990年代中頃より感染者が増加しています。


【ケジラミ症の感染経路】

感染は陰毛が直接接触することがほとんどですが、接触が多い母子間、衣類や毛布、タオル類などを介して、間接的に感染するケースもあります。


【ケジラミ症症状】(男性、女性とも共通)

ケジラミは主に陰毛に寄生、また肛門周囲、ワキ毛、胸毛などの体毛や、まれに頭髪やひげにも寄生します。

その症状は感染した部位に激しい痒みがあります。

(特徴)
・まれに感染しても痒みのない人もいます。
・痒みがあっても、通常湿疹が出ません
・下着に黒色の点状のしみがついてる場合があります。
  ⇒ これはケジラミの血糞です


性行為の相手以外に家族などにも簡単に感染します。速やかな治療が大切です。

(口周辺への感染の可能性)
フェラチオやクリニングスでのどには感染しませんが、口周辺のひげには感染するケースがあります。


【ケジラミ症治療】
一番確実な対策は、ケジラミの寄生部位の毛を全てそることです。そしてケジラミの寄生場所をフェノトリンパウダーやフェノトリンシャンプーで洗い落とし殺虫することを繰り返します。

(治療薬 )
・フェノトリンパウダー
・フェノトリンシャンプー
※市販薬として販売されてます。
  ⇒スミスリンパウダー
    スミスリンシャンプー

*パウダーの処置の仕方
ケジラミの寄生部位に散布し、1~2時間後に洗い落とします。

*シャンプーの処置の仕方
3~5mlを陰毛に塗り、5分後に洗い落とします。この薬剤は卵には効果が薄いので、卵の孵化する時期を見込んで、3~4日ごとに3~4回繰り返します。

陰毛以外に寄生しているときはその部位も同じように処置する必要があります。

衣類や寝具などにもケジラミがある期間(48時間程度)残存している可能性もあります。念のため衣類とかも熱処理やドライクリーニングしておいうたほうがいいでしょう。

ケジラミと卵が全て駆除され、痒みがなくなれば完治です。


【ケジラミ症予防法】

コンドームではケジラミは予防できません。

パートナーにもの感染の可能性がありますので、感染後1~2ヶ月後に症状が出るため、1~2ヶ月前に性交渉のあったパートナーの検査も必要です。

ケジラミ症と同時に他のSTDに感染していることも多いいといいます。梅毒やHIVなどの検査も行うことが望まれます。

>> 【今すぐチェック!】性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


HIV(エイズ)とは

HIV(通称エイズウイルス)に感染し、免疫力が低下して発症する病気をエイズといいます。

日本における感染者数は最近増加傾向を示しています。エイズでの死亡率は低下してきてますが、感染者数は増加の一途です。最近では、男女間の性行為による感染、特に若年層の感染が確実に増えています。

HIVウイルスは、感染者の血液、精液、膣分泌液、母乳により感染します。

またHIVウイルス以外のSTD感染にも注意が必要です。特にクラミジアなど他のSTDに感染しているとHIVウイルスの感染率は3〜5倍上昇します。HIVじゃないから大丈夫・・・という考えでは今後HIVに感染するリスク大です。

性行為による感染を防ぐには、コンドームの使用が一番です。

自分のため、パートナーのため・・・とにかく検査が大切です。「危険な性行為のあった時から約3ヵ月後」から検査は可能です。また、検査ができない期間でも感染しますので、コンドームなしの性行為は絶対にやめましょう。

仕事で多忙の人、病院には行きたくない人・・・そういう人たちのために様々な検査方法があります。郵送検査キットでもHIVの感染の判定が可能ですのでご利用ください。

>>【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


症状
◆感染初期(感染後2〜4週間)
発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛、といった風邪やインフルエンザのような症状が出る場合があります。この症状は数週間で消失、症状のない期間へ移行します。ただし、症状が全く現れないケースもあります。

◆無症状期(感染後5〜10年、個人差あり)
治療しない場合全く症状の出ない期間が、約5〜10年程度続きます。そのまま放置した場合、HIVはリンパ組織で複製されて増加し、 免疫力が少しずつ低下していきます。

◆エイズ発症
免疫力が更に低下してくると、エイズの発症が近づきます。例えば大量の寝汗、理由もなく急激な体重減少を起こす、くりかしひどい下痢などがおきます。

免疫力がほとんどないので、健康な人では全く問題ない種類のカビ、原虫、細菌、ウイルスなどによる 日和見(ひよりみ)感染症 や悪性腫瘍(カポシ肉腫)、神経障害などいろいろな症状がでてきます。

このような症状の総称を、エイズ(後天性免疫不全症候群)といいます。


感染経路】
1)性行為による感染
性器、肛門、口などの粘膜や傷口からHIVウイルスが血液内に侵入して感染します。オーラルセックスでの感染の可能性は低いですが、口の中に傷があると、感染の可能性が高くなります。コンドームを使用するのが最も有効な予防法です。

2)注射器や注射針の使いまわしによる感染
麻薬や覚せい剤の注射のまわし打ちで感染する確率が非常に高いです。

3)輸血による感染
現在、献血時の血液検査で、完全にHIVウイルスを排除するのは困難で、エイズウィルスが混入する可能性もあります。

4)母子感染
母親から子供へ、妊娠中の胎盤感染や、出産や授乳での感染の可能性があります。妊娠時は必ずHIV検査を受けましょう。

検査法】
性行為など感染したと思われる時期より3ケ月を経過してから検査します。(血液中にHIVの抗体ができるまでに、約6〜8週間かかります。この間は正確な検査ができませんので、パートナーなどに感染させてしまう可能性があります。)

検査は各自治体の保健所や病院によって受診できます。通常、約1週間後に検査を受けた保健所や病院に行って、結果を通知されます。

1)検査方法
少量の血液を採取して検査します。

2)検査の判定
1)はスクリーニング(ふるいわけ)検査です。
この検査で「陽性(HIVに感染の可能性あり)」と判定が出た場合は、確認検査へ進みます。
確認検査でも「陽性」となった場合は、感染したことが確定となります。エイズを発病しないための治療が必要です。

治療法】
早期発見、早期治療が重要です。治療法は近年めざましく進歩しており、数種類の薬剤を服用することによってHIVの増殖を抑える治療が効果をあげてます。完全なウイルスの排除はまだできませんが、エイズの発症をおさえる薬は開発されています。

【予防法】
感染予防にはコンドームの使用が有効です。


不安だが病院へ行く時間がない人や、病院や保健所へ行くのはどうしても…という人は、自宅に居ながら、匿名で検査を受けることもできます。


HIV(エイズ)とは

HIV(通称エイズウイルス)に感染し、免疫力が低下して発症する病気をエイズといいます。

日本における感染者数は最近増加傾向を示しています。エイズでの死亡率は低下してきてますが、感染者数は増加の一途です。最近では、男女間の性行為による感染、特に若年層の感染が確実に増えています。

HIVウイルスは、感染者の血液、精液、膣分泌液、母乳により感染します。

またHIVウイルス以外のSTD感染にも注意が必要です。特にクラミジアなど他のSTDに感染しているとHIVウイルスの感染率は3〜5倍上昇します。HIVじゃないから大丈夫・・・という考えでは今後HIVに感染するリスク大です。

性行為による感染を防ぐには、コンドームの使用が一番です。

自分のため、パートナーのため・・・とにかく検査が大切です。「危険な性行為のあった時から約3ヵ月後」から検査は可能です。また、検査ができない期間でも感染しますので、コンドームなしの性行為は絶対にやめましょう。

仕事で多忙の人、病院には行きたくない人・・・そういう人たちのために様々な検査方法があります。郵送検査キットでもHIVの感染の判定が可能ですのでご利用ください。

>>【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


症状
◆感染初期(感染後2〜4週間)
発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛、といった風邪やインフルエンザのような症状が出る場合があります。この症状は数週間で消失、症状のない期間へ移行します。ただし、症状が全く現れないケースもあります。

◆無症状期(感染後5〜10年、個人差あり)
治療しない場合全く症状の出ない期間が、約5〜10年程度続きます。そのまま放置した場合、HIVはリンパ組織で複製されて増加し、 免疫力が少しずつ低下していきます。

◆エイズ発症
免疫力が更に低下してくると、エイズの発症が近づきます。例えば大量の寝汗、理由もなく急激な体重減少を起こす、くりかしひどい下痢などがおきます。

免疫力がほとんどないので、健康な人では全く問題ない種類のカビ、原虫、細菌、ウイルスなどによる 日和見(ひよりみ)感染症 や悪性腫瘍(カポシ肉腫)、神経障害などいろいろな症状がでてきます。

このような症状の総称を、エイズ(後天性免疫不全症候群)といいます。


感染経路】
1)性行為による感染
性器、肛門、口などの粘膜や傷口からHIVウイルスが血液内に侵入して感染します。オーラルセックスでの感染の可能性は低いですが、口の中に傷があると、感染の可能性が高くなります。コンドームを使用するのが最も有効な予防法です。

2)注射器や注射針の使いまわしによる感染
麻薬や覚せい剤の注射のまわし打ちで感染する確率が非常に高いです。

3)輸血による感染
現在、献血時の血液検査で、完全にHIVウイルスを排除するのは困難で、エイズウィルスが混入する可能性もあります。

4)母子感染
母親から子供へ、妊娠中の胎盤感染や、出産や授乳での感染の可能性があります。妊娠時は必ずHIV検査を受けましょう。

検査法】
性行為など感染したと思われる時期より3ケ月を経過してから検査します。(血液中にHIVの抗体ができるまでに、約6〜8週間かかります。この間は正確な検査ができませんので、パートナーなどに感染させてしまう可能性があります。)

検査は各自治体の保健所や病院によって受診できます。通常、約1週間後に検査を受けた保健所や病院に行って、結果を通知されます。

1)検査方法
少量の血液を採取して検査します。

2)検査の判定
1)はスクリーニング(ふるいわけ)検査です。
この検査で「陽性(HIVに感染の可能性あり)」と判定が出た場合は、確認検査へ進みます。
確認検査でも「陽性」となった場合は、感染したことが確定となります。エイズを発病しないための治療が必要です。

治療法】
早期発見、早期治療が重要です。治療法は近年めざましく進歩しており、数種類の薬剤を服用することによってHIVの増殖を抑える治療が効果をあげてます。完全なウイルスの排除はまだできませんが、エイズの発症をおさえる薬は開発されています。

【予防法】
感染予防にはコンドームの使用が有効です。


不安だが病院へ行く時間がない人や、病院や保健所へ行くのはどうしても…という人は、自宅に居ながら、匿名で検査を受けることもできます。


クラミジアとは

クラミジアは近年急増している性感染症で、検査感染報告が現在もっとも多い性感染症です。

クラミジアは女性の約75%,男性の約50%で何の症状も起こさないので検査にまで至らず、症状が出ないため気がつかず放置されさらに性交渉によって激増しています。

特に若い世代においては好奇心と性行為の知識の無さなどのために無防備な性行為及び不特定多数の人と関係を持ちやすいため感染源になりやすく、拡散しているのは容易に想像できます。

クラミジアは、0.3ミクロン程度の大きさで、Chlamydia trachomatis(クラミジア・トラコマチス)という細菌とウイルスの中間的な病原体によっておこります。同じクラミジア属の菌による疾患として、トラコーマ、オウム病、クラミジア肺炎などがあります。  

特異な増殖形態を持ち、人の細胞に感染すると細胞内に進入し、細胞質内で分裂増殖を行います。48~72時間程度で増殖し、細胞を破壊し細胞外へ放出され、外へ出たクラミジアは他の細胞へと入り込み更に増殖を行って繁殖していきます。

感染すると男性は尿道炎、女性は子宮頸管炎、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎などを発症します。

女性への感染の場合、性行為などによりクラミジアの細菌は男性の精液等とともに膣に排出され、膣と子宮を結ぶ子宮頸管という子宮の入口部分に感染します。すると、感染後1~3週間で子宮頸管炎をおこし、速やかに子宮を経て腹腔内(おなかの中)に感染が広がり、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などをおこします。おりものの増加や不正出血、下腹部痛などの症状がありますが、大半の人は症状を自覚しないまま病気が進行してしまうことが多いといいます。

クラミジアが恐ろしいのは気がつかずに放置していると、女性の場合不妊症の原因である卵管狭窄症、卵管閉塞症を発症し、卵管周囲癒着なども起こしやすく、将来取り返しがつかない事態にまでなり、大変後悔することも少なからずあるのです。

この感染症のやっかいなのは、女性の約75%,男性の約50%で何の症状も起こさないということで無症状で放置され、さらに性交渉によって広がるという悪循環をおこしていることです。

基本的に性行為感染症は、知識さえあれば防げる病気です。特にクラミジアは、現代では検査、予防、治療方法もありますので、仮に感染してもちゃんと検査・治療をしてクラミジアを根治するようにしましょう。

クラミジアの検査は精度も高く、自分で行う検査もあり、男性の場合は尿検査、女性の場合も尿検査やおりものなどの分泌物を検査する場合もあります。少しでも変だなと感じたら、早めに検査をしましょう。

感染の疑いを持ったときは、早めの検査をおすすめします。
もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)
>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


クラミジアとは

クラミジアは近年急増している性感染症で、検査感染報告が現在もっとも多い性感染症です。

クラミジアは女性の約75%,男性の約50%で何の症状も起こさないので検査にまで至らず、症状が出ないため気がつかず放置されさらに性交渉によって激増しています。

特に若い世代においては好奇心と性行為の知識の無さなどのために無防備な性行為及び不特定多数の人と関係を持ちやすいため感染源になりやすく、拡散しているのは容易に想像できます。

クラミジアは、0.3ミクロン程度の大きさで、Chlamydia trachomatis(クラミジア・トラコマチス)という細菌とウイルスの中間的な病原体によっておこります。同じクラミジア属の菌による疾患として、トラコーマ、オウム病、クラミジア肺炎などがあります。  

特異な増殖形態を持ち、人の細胞に感染すると細胞内に進入し、細胞質内で分裂増殖を行います。48~72時間程度で増殖し、細胞を破壊し細胞外へ放出され、外へ出たクラミジアは他の細胞へと入り込み更に増殖を行って繁殖していきます。

感染すると男性は尿道炎、女性は子宮頸管炎、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎などを発症します。

女性への感染の場合、性行為などによりクラミジアの細菌は男性の精液等とともに膣に排出され、膣と子宮を結ぶ子宮頸管という子宮の入口部分に感染します。すると、感染後1~3週間で子宮頸管炎をおこし、速やかに子宮を経て腹腔内(おなかの中)に感染が広がり、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などをおこします。おりものの増加や不正出血、下腹部痛などの症状がありますが、大半の人は症状を自覚しないまま病気が進行してしまうことが多いといいます。

クラミジアが恐ろしいのは気がつかずに放置していると、女性の場合不妊症の原因である卵管狭窄症、卵管閉塞症を発症し、卵管周囲癒着なども起こしやすく、将来取り返しがつかない事態にまでなり、大変後悔することも少なからずあるのです。

この感染症のやっかいなのは、女性の約75%,男性の約50%で何の症状も起こさないということで無症状で放置され、さらに性交渉によって広がるという悪循環をおこしていることです。

基本的に性行為感染症は、知識さえあれば防げる病気です。特にクラミジアは、現代では検査、予防、治療方法もありますので、仮に感染してもちゃんと検査・治療をしてクラミジアを根治するようにしましょう。

クラミジアの検査は精度も高く、自分で行う検査もあり、男性の場合は尿検査、女性の場合も尿検査やおりものなどの分泌物を検査する場合もあります。少しでも変だなと感じたら、早めに検査をしましょう。

感染の疑いを持ったときは、早めの検査をおすすめします。
もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)
>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは



Page: <<前の10件  1 < 2 < 3 < 4  次の10件>>

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0