クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

他の性感染症解説

性感染症とは

“性”の自由が進んで「性感染症」というものが、普通の性生活をもつ人たちにも身近に感染する危険性が増えています。


性感染症とはSTD(sex transmitted disease:性感染病)とも略されていますが、多くは性交渉により感染します。
(口を経由して感染することありますので注意してください。)

古い型の性病には「梅毒」や「淋病」などがありますが、自覚症状が性器などに現れますので、感染した人は早い段階に感染に気付き、治療を受けていました。

そのために“感染の輪”がそれ程大きく広がることはありませんでした。

ところが、最近は、そのように 症状の出るものから、症状の出にくくしかも治りにくい“性感染症” にさま変わりしてきているのです。

最近の性感染症は症状のあまり出ない

・性器クラミジア感染症
・性器ヘルペス
・尖形コンジローム
・B型肝炎
・HIV 感染/エイズなど

ウイルスによる新しい性感染症がひろがってきた結果によるものと考えてよいでしょう。

また性的な男女関係の多様化は若年世代にも広がり、高校3年生の性経験が4割前後、大学4年生では7〜8割にも達していることが、各地の性教育研究会の調査で明らかにされています。


しかも性交渉時、性感染予防のための正しいコンドーム予防を行っている割合はかなり低いのです。つまり、若年で既に感染する危険性が極めて高くなっているのです。

統計によれば、性器クラミジア感染症がSTDの中では最も多く、患者は女性が70%以上といわれます。

○年齢では;15〜29歳⇒約80%

○女性  ;10歳台;約25%,
      20歳台が約60%,

○男性  ;10歳台⇒約10%
      20歳代⇒約60%

女性の方が低年齢の比率が高いようです。


そしてそれらは、性生活をもつ一般の人々の中に、ひそかに大きく広がり始めてきてしまっています。今や、症状のほとんど出ない性感染症が、知らないうちに相当拡がっているのです。


性感染症の問題が自分の身近に迫って来ていることが理解いただけると思います。


予防にはコンドームが有効です。性感染症の恐ろしさ、また、無防備の性交渉で感染 する可能性が高いことを認識し、性行為の始めから終りまでコンドーム装着するなど、正しい使用法を心がけたほうがいいでしょう。


性感染症とは

“性”の自由が進んで「性感染症」というものが、普通の性生活をもつ人たちにも身近に感染する危険性が増えています。


性感染症とはSTD(sex transmitted disease:性感染病)とも略されていますが、多くは性交渉により感染します。
(口を経由して感染することありますので注意してください。)

古い型の性病には「梅毒」や「淋病」などがありますが、自覚症状が性器などに現れますので、感染した人は早い段階に感染に気付き、治療を受けていました。

そのために“感染の輪”がそれ程大きく広がることはありませんでした。

ところが、最近は、そのように 症状の出るものから、症状の出にくくしかも治りにくい“性感染症” にさま変わりしてきているのです。

最近の性感染症は症状のあまり出ない

・性器クラミジア感染症
・性器ヘルペス
・尖形コンジローム
・B型肝炎
・HIV 感染/エイズなど

ウイルスによる新しい性感染症がひろがってきた結果によるものと考えてよいでしょう。

また性的な男女関係の多様化は若年世代にも広がり、高校3年生の性経験が4割前後、大学4年生では7〜8割にも達していることが、各地の性教育研究会の調査で明らかにされています。


しかも性交渉時、性感染予防のための正しいコンドーム予防を行っている割合はかなり低いのです。つまり、若年で既に感染する危険性が極めて高くなっているのです。

統計によれば、性器クラミジア感染症がSTDの中では最も多く、患者は女性が70%以上といわれます。

○年齢では;15〜29歳⇒約80%

○女性  ;10歳台;約25%,
      20歳台が約60%,

○男性  ;10歳台⇒約10%
      20歳代⇒約60%

女性の方が低年齢の比率が高いようです。


そしてそれらは、性生活をもつ一般の人々の中に、ひそかに大きく広がり始めてきてしまっています。今や、症状のほとんど出ない性感染症が、知らないうちに相当拡がっているのです。


性感染症の問題が自分の身近に迫って来ていることが理解いただけると思います。


予防にはコンドームが有効です。性感染症の恐ろしさ、また、無防備の性交渉で感染 する可能性が高いことを認識し、性行為の始めから終りまでコンドーム装着するなど、正しい使用法を心がけたほうがいいでしょう。


男性の症状から病名を探す

『これってもしかしたら性病かも』〜いつもと変わった症状がでると不安なものです。
現在でている症状より疑われる性病を探してみてください。
郵送検査キット等で検診してみて実際感染が疑われるようでしたら、病院で受診をおすすめします。

【排尿に関しる症状】
・排尿時の軽い痛みや尿道から分泌液(膿) がでる
    ⇒クラミジア
    ⇒トリコモナス症
    ⇒非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頸管炎)

・排尿時の激しい痛みや尿道から分泌液(膿)がでる
    ⇒淋病

・尿道のかゆみ、不快感がある
    ⇒クラミジア
    ⇒非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頸管炎)


【性器周辺の痛みとかゆみ関する症状
・睾丸(こうがん)部位に腫れや痛みがある
    ⇒クラミジア
    ⇒淋病

・亀頭にかゆみやただれがある
    ⇒性器カンジダ症

・陰毛部周辺の激しいかゆみや下着に黒色点状のしみがつくことがある
    ⇒ケジラミ症


【性器周辺の腫れ・できもの・潰瘍の症状 】
・太もも付け根のリンパ節の腫れ
   ⇒梅毒
   ⇒性器ヘルペス
   ⇒軟性下疳

・性器や肛門周辺に、乳頭状、ニワトリのトサカ状の痛みのない突起がある
   ⇒尖形コンジローマ

・性器周辺や太もも、肛門周辺などに、痛みをともなう水泡やそれのつぶれた潰瘍がある
   ⇒性器ヘルペス

・性器に豆粒ぐらいのやわらかいコブやそれのつぶれた強い痛みをともなう潰瘍がある
   ⇒軟性下疳


【全身皮膚の症状
・性器・肛門・手指・口唇などの痛みのないしこりや腫れものがある
   ⇒梅毒

・唇や口の中、のどにできものができている
   ⇒梅毒
   ⇒性器ヘルペス
   ⇒尖形コンジローマ

・全身に、ピンク色の円形のあざ、もしくは赤茶色のもりあがったブツブツがある
   ⇒梅毒


【のどや全身の症状】
・のどの腫れや痛み、発熱
   ⇒クラミジア
   ⇒淋病

・感染の機会があった時から2〜4週間後に、発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛といったイン
 フルエンザのような症状が出た
   ⇒HIV/エイズ

・1ヶ月以上続く発熱、しつこい下痢や寝汗、リンパ節の腫れ、体重減少
   ⇒HIV/エイズ


男性の症状から病名を探す

『これってもしかしたら性病かも』〜いつもと変わった症状がでると不安なものです。
現在でている症状より疑われる性病を探してみてください。
郵送検査キット等で検診してみて実際感染が疑われるようでしたら、病院で受診をおすすめします。

【排尿に関しる症状】
・排尿時の軽い痛みや尿道から分泌液(膿) がでる
    ⇒クラミジア
    ⇒トリコモナス症
    ⇒非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頸管炎)

・排尿時の激しい痛みや尿道から分泌液(膿)がでる
    ⇒淋病

・尿道のかゆみ、不快感がある
    ⇒クラミジア
    ⇒非クラミジア性非淋菌性尿道炎(子宮頸管炎)


【性器周辺の痛みとかゆみ関する症状
・睾丸(こうがん)部位に腫れや痛みがある
    ⇒クラミジア
    ⇒淋病

・亀頭にかゆみやただれがある
    ⇒性器カンジダ症

・陰毛部周辺の激しいかゆみや下着に黒色点状のしみがつくことがある
    ⇒ケジラミ症


【性器周辺の腫れ・できもの・潰瘍の症状 】
・太もも付け根のリンパ節の腫れ
   ⇒梅毒
   ⇒性器ヘルペス
   ⇒軟性下疳

・性器や肛門周辺に、乳頭状、ニワトリのトサカ状の痛みのない突起がある
   ⇒尖形コンジローマ

・性器周辺や太もも、肛門周辺などに、痛みをともなう水泡やそれのつぶれた潰瘍がある
   ⇒性器ヘルペス

・性器に豆粒ぐらいのやわらかいコブやそれのつぶれた強い痛みをともなう潰瘍がある
   ⇒軟性下疳


【全身皮膚の症状
・性器・肛門・手指・口唇などの痛みのないしこりや腫れものがある
   ⇒梅毒

・唇や口の中、のどにできものができている
   ⇒梅毒
   ⇒性器ヘルペス
   ⇒尖形コンジローマ

・全身に、ピンク色の円形のあざ、もしくは赤茶色のもりあがったブツブツがある
   ⇒梅毒


【のどや全身の症状】
・のどの腫れや痛み、発熱
   ⇒クラミジア
   ⇒淋病

・感染の機会があった時から2〜4週間後に、発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛といったイン
 フルエンザのような症状が出た
   ⇒HIV/エイズ

・1ヶ月以上続く発熱、しつこい下痢や寝汗、リンパ節の腫れ、体重減少
   ⇒HIV/エイズ


淋病とは

淋菌はグラム陰性球菌で形はそらまめ状であり、菌体表面に線毛(pili)があり、これが
ヒトの粘膜細胞表面に付着し、感染します。

潜伏期間 は、男性では3~10日間、女性においては自覚症状も乏しく判然としないことが多いです。

感染後、粘膜細胞の貪食作用により細胞内に取り込まれ、そこで増殖することにより細胞を破壊します。

粘膜細胞(円柱上皮)に好んで付着し、男性では尿道、精巣上体、女性では子宮頸管、卵管などに感染する。しかし、膣、亀頭、外陰部などは扁平上皮細胞と呼ばれる細胞から構成されており、淋菌に対する感受性はなく、感染が成立することはありません。

淋菌は外界での抵抗力が弱く、自然界に生息しえず、淋疾患者のみに生息する。

従って、間接感染は起こらず、ほとんどが性交などの直接感染で、化膿性炎症を起こす。
すなわち、一般的な日常生活の範囲内での自然界からの感染はありません。

【症状】
(男性の場合)
男性は黄色の膿が出て下着が汚れます。尿道が赤く腫れ、排尿の時に激 しい痛みを感じたりします。

淋病(男性用)郵送検査キット

(女性の場合)
膣から黄色いおりものが出るようになり、外陰部が 赤く腫れたり、かゆくなったりするケースもあります。
男性と違って、ほとんど自覚しないまま病気は進行するので発見が遅れます。

初期の感染に気づかずに症状が進んでしまうと、 淋菌性膣炎、子宮内膜炎、卵管炎の発病をまねき、下腹部の激しい痛みを引き起こすことにな ります。

子宮外妊娠や不妊症の原因となることもあり、のどに感染した場合は咽頭炎を起こします。

淋病(女性用)郵送検査キット

【感染経路】
淋菌による感染では以下の感染経路があります。

●性交
性交により男性淋菌性尿道炎が女性子宮頸管へ、逆に女性から男性へは淋菌性子宮頸管炎が男性尿道に感染する。

●オーラルセックス
男性淋菌性尿道炎が女性咽頭へ、あるいは逆に女性の淋菌性咽頭炎が男性尿道へ感染する。
また淋菌性子宮頸管炎が男性咽頭へも感染する。
また、肛門性交は淋菌性直腸炎を発症させうる。


【淋病咽喉感染】
また咽喉の淋病感染は性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。
この理由につぃては性器や膣と違って口の中にはもともと細菌が多く存在します。
それ故口の中の細菌と咽喉の淋病を発症させた菌とが遺伝子交換を行い、さらに抗体を作りだすことで、より強い菌が発現しやいやすいためと考えられています。
(淋菌が咽頭に感染して時間がたつと咽喉の常駐菌のナイセリア菌と遺伝子交換して耐性の菌になって強くなるということがあります。)

これが、咽喉の淋病が性器感染の性病より治りにくい原因と言われています。

このように淋病の咽喉感染を放置していると、耐性菌の出現で抗生物質が効かなくなり
治りにくくなる恐れもありますので注意が必要です。
咽喉感染が疑わしいときは早目の検査をおすすめします。

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

【淋病咽喉検査】
咽頭淋菌に対して培養検査やPCR法などでは、口腔内の常在菌であるナイセリア属などを検出してしまい、感染していない人で誤って淋菌としてみなしてしまうケースもあります。その場合はナイセリア属との鑑別が可能なSDA法で行う必要があります。

●産道感染

産道である子宮頸管の淋菌感染が児に感染すると、新生児結膜炎を発症させうる。

【検査法】
検査方法は、おりものを検査し、淋菌の有無を確認します。

同時に尿道の淋菌の有無も調べます。
病院へ行く時間がなかなかとれない、病院での検査は恥ずかしい・・という方、

自宅で手軽にできる「郵送検診」で健常を確認することも可能ですヨ。

夫婦や恋人どうしで知らないうちに感染していることもあります。
疾患予防、早期発見の感染防止が大切です。 パートナーとともに検査しましょう。

男性は検尿、女性は膣分泌物検査で約1~2週間で検査結果が送られてきます。

>> 淋病(男性用)郵送検査キット

>> 淋病(女性用)郵送検査キット


【治療法】
抗菌剤、ペニシリンを主体とする抗生物質を、注射するか内服するかして投与します。
約1~2週間で治りますが、途中で治ったと思って治療を投げ出してしまうと、抵抗力の強い淋菌が出現する場合があるようです。 
 
このため、2ヶ月に3回以上の検査を行い、すべて陰性となって初めて完治したといえます。完治するまではセックス、飲酒を控えましょう。


【予防法】
コンドームの使用が一番確実です。

>> ◆咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


淋病とは

淋菌はグラム陰性球菌で形はそらまめ状であり、菌体表面に線毛(pili)があり、これが
ヒトの粘膜細胞表面に付着し、感染します。

潜伏期間 は、男性では3~10日間、女性においては自覚症状も乏しく判然としないことが多いです。

感染後、粘膜細胞の貪食作用により細胞内に取り込まれ、そこで増殖することにより細胞を破壊します。

粘膜細胞(円柱上皮)に好んで付着し、男性では尿道、精巣上体、女性では子宮頸管、卵管などに感染する。しかし、膣、亀頭、外陰部などは扁平上皮細胞と呼ばれる細胞から構成されており、淋菌に対する感受性はなく、感染が成立することはありません。

淋菌は外界での抵抗力が弱く、自然界に生息しえず、淋疾患者のみに生息する。

従って、間接感染は起こらず、ほとんどが性交などの直接感染で、化膿性炎症を起こす。
すなわち、一般的な日常生活の範囲内での自然界からの感染はありません。

【症状】
(男性の場合)
男性は黄色の膿が出て下着が汚れます。尿道が赤く腫れ、排尿の時に激 しい痛みを感じたりします。

淋病(男性用)郵送検査キット

(女性の場合)
膣から黄色いおりものが出るようになり、外陰部が 赤く腫れたり、かゆくなったりするケースもあります。
男性と違って、ほとんど自覚しないまま病気は進行するので発見が遅れます。

初期の感染に気づかずに症状が進んでしまうと、 淋菌性膣炎、子宮内膜炎、卵管炎の発病をまねき、下腹部の激しい痛みを引き起こすことにな ります。

子宮外妊娠や不妊症の原因となることもあり、のどに感染した場合は咽頭炎を起こします。

淋病(女性用)郵送検査キット

【感染経路】
淋菌による感染では以下の感染経路があります。

●性交
性交により男性淋菌性尿道炎が女性子宮頸管へ、逆に女性から男性へは淋菌性子宮頸管炎が男性尿道に感染する。

●オーラルセックス
男性淋菌性尿道炎が女性咽頭へ、あるいは逆に女性の淋菌性咽頭炎が男性尿道へ感染する。
また淋菌性子宮頸管炎が男性咽頭へも感染する。
また、肛門性交は淋菌性直腸炎を発症させうる。


【淋病咽喉感染】
また咽喉の淋病感染は性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。
この理由につぃては性器や膣と違って口の中にはもともと細菌が多く存在します。
それ故口の中の細菌と咽喉の淋病を発症させた菌とが遺伝子交換を行い、さらに抗体を作りだすことで、より強い菌が発現しやいやすいためと考えられています。
(淋菌が咽頭に感染して時間がたつと咽喉の常駐菌のナイセリア菌と遺伝子交換して耐性の菌になって強くなるということがあります。)

これが、咽喉の淋病が性器感染の性病より治りにくい原因と言われています。

このように淋病の咽喉感染を放置していると、耐性菌の出現で抗生物質が効かなくなり
治りにくくなる恐れもありますので注意が必要です。
咽喉感染が疑わしいときは早目の検査をおすすめします。

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

【淋病咽喉検査】
咽頭淋菌に対して培養検査やPCR法などでは、口腔内の常在菌であるナイセリア属などを検出してしまい、感染していない人で誤って淋菌としてみなしてしまうケースもあります。その場合はナイセリア属との鑑別が可能なSDA法で行う必要があります。

●産道感染

産道である子宮頸管の淋菌感染が児に感染すると、新生児結膜炎を発症させうる。

【検査法】
検査方法は、おりものを検査し、淋菌の有無を確認します。

同時に尿道の淋菌の有無も調べます。
病院へ行く時間がなかなかとれない、病院での検査は恥ずかしい・・という方、

自宅で手軽にできる「郵送検診」で健常を確認することも可能ですヨ。

夫婦や恋人どうしで知らないうちに感染していることもあります。
疾患予防、早期発見の感染防止が大切です。 パートナーとともに検査しましょう。

男性は検尿、女性は膣分泌物検査で約1~2週間で検査結果が送られてきます。

>> 淋病(男性用)郵送検査キット

>> 淋病(女性用)郵送検査キット


【治療法】
抗菌剤、ペニシリンを主体とする抗生物質を、注射するか内服するかして投与します。
約1~2週間で治りますが、途中で治ったと思って治療を投げ出してしまうと、抵抗力の強い淋菌が出現する場合があるようです。 
 
このため、2ヶ月に3回以上の検査を行い、すべて陰性となって初めて完治したといえます。完治するまではセックス、飲酒を控えましょう。


【予防法】
コンドームの使用が一番確実です。

>> ◆咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは



Page: <<前の10件  1 < 2 < 3 < 4

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0