クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

クラミジアの治療

ジスロマック~クラミジア治療薬

ジスロマック(Zithromax)はクラミジアなどの多種の感染症に有効な医薬品です。
新しいタイプのマクロライド系の抗生物質です。

マクロライド系の抗菌薬、アジスロマイシン→商品名ジスロマック(ファイザー株式会社)は、クラミジア治療で1回飲むだけでよいという非常に画期的な薬と言えます。

日本国内では2004年5月に保険治療での使用が承認されています。

>>> ジスロマック(Zithromax)~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬の購入はこちら

欧米ではすでにクラミジア特効薬として5年以上前から使用されているアジスロマイシン(商品名ジスロマック・ファイザー株式会社)というマクロライド系の抗菌薬は優れた特性を持っています。

マクロライド系の抗菌薬、アジスロマイシン(商品名ジスロマック・ファイザー株式会社)は、感染がおきている所(組織内)の濃度が長く、7日間持続します。

従来の薬であれば7日間にわたって 1日 2~3回飲む必要があり、合計すると14回から21回も服用しなくてはなるませんでした。これが、わずか1回のむだけでクラミジア感染が治ってしまうという画期的なものです。

何回も服用するということは、飲み忘れたり、仕事の途中などで飲めないこともあったりして、なかなか
正しい間隔で正確な服薬が困難な場合があります。

しかしジスロマックだと、検査でクラミジアの感染が明らかになった時点で、1回薬をのむだけですみますから、大変便利で楽になるわけです。

このように1回のめば治る薬もありますので、検査で感染が確認されれば、症状が無くてもなるべく
早く有効な薬をのんで治療すことが、不妊症などにつながる慢性感染をおこさないためには必要です。

ただ注意するのは、クラミジア感染が発見されてすぐに薬を1回服用すれば、その場でただちに病気が治ってしまうということではないのです。

飲むのは1回だけで良いのですが、病気を早く治すためには7日程度はかかります。

すなわち薬をのんでも7日間は完治していないので、7日間過ぎるまではセックスパートナーに感染する恐れがあるということになります。

【クラミジアの治療薬】
クラミジア治療薬は通常は医療機関に行って、専門医に診断してもらってから入手すべきものですが、そうも言ってられないケースもあるでしょう。

そんな場合はインターネットで購入可能なクラミジアの治療薬を紹介します。

◆ジスロマック(Zithromax)
新タイプのマクロライド系の抗生物質。クラミジアなど多種の感染症に有効な医薬品です。
クラミジアの治療にも使われています。

【ジスロマックの使い方】
検査でクラミジアに感染していることが判明した場合、性器クラミジアの治療では通常ジスロマック250mgを1回で4錠、1000mgを一気に服用するという治療法はでよく行われます。

ジスロマックは特殊な加工のされた抗生物質ですので、上記方法によりジスロマックの薬効成分は体内に長く滞留しながら徐々に溶け出すことで有効成分を一定量身体に維持する状態にして、1回の服用で1週間程度効果が持続します。説明書きの方は一般的な使い方となっていますので注意が必要です。

【クラミジア完治の確認】
完治したかどうかは再検査をしてみて消滅しているか確認することが必要です。

通常はジスロマック1回の服用で完治しますが、クラミジアがすでにジスロマックに耐性を持っていたりする場合は、再検査でも消滅しきっていないケースもあります。

そうなると治療は継続することなります。
きちんとジスロマックの効果が出た場合は1回の服用でしっかりと除菌されます。

>>> ジスロマック(Zithromax)~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬の購入はこちら


ジスロマック~クラミジア治療薬

ジスロマック(Zithromax)はクラミジアなどの多種の感染症に有効な医薬品です。
新しいタイプのマクロライド系の抗生物質です。

マクロライド系の抗菌薬、アジスロマイシン→商品名ジスロマック(ファイザー株式会社)は、クラミジア治療で1回飲むだけでよいという非常に画期的な薬と言えます。

日本国内では2004年5月に保険治療での使用が承認されています。

>>> ジスロマック(Zithromax)~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬の購入はこちら

欧米ではすでにクラミジア特効薬として5年以上前から使用されているアジスロマイシン(商品名ジスロマック・ファイザー株式会社)というマクロライド系の抗菌薬は優れた特性を持っています。

マクロライド系の抗菌薬、アジスロマイシン(商品名ジスロマック・ファイザー株式会社)は、感染がおきている所(組織内)の濃度が長く、7日間持続します。

従来の薬であれば7日間にわたって 1日 2~3回飲む必要があり、合計すると14回から21回も服用しなくてはなるませんでした。これが、わずか1回のむだけでクラミジア感染が治ってしまうという画期的なものです。

何回も服用するということは、飲み忘れたり、仕事の途中などで飲めないこともあったりして、なかなか
正しい間隔で正確な服薬が困難な場合があります。

しかしジスロマックだと、検査でクラミジアの感染が明らかになった時点で、1回薬をのむだけですみますから、大変便利で楽になるわけです。

このように1回のめば治る薬もありますので、検査で感染が確認されれば、症状が無くてもなるべく
早く有効な薬をのんで治療すことが、不妊症などにつながる慢性感染をおこさないためには必要です。

ただ注意するのは、クラミジア感染が発見されてすぐに薬を1回服用すれば、その場でただちに病気が治ってしまうということではないのです。

飲むのは1回だけで良いのですが、病気を早く治すためには7日程度はかかります。

すなわち薬をのんでも7日間は完治していないので、7日間過ぎるまではセックスパートナーに感染する恐れがあるということになります。

【クラミジアの治療薬】
クラミジア治療薬は通常は医療機関に行って、専門医に診断してもらってから入手すべきものですが、そうも言ってられないケースもあるでしょう。

そんな場合はインターネットで購入可能なクラミジアの治療薬を紹介します。

◆ジスロマック(Zithromax)
新タイプのマクロライド系の抗生物質。クラミジアなど多種の感染症に有効な医薬品です。
クラミジアの治療にも使われています。

【ジスロマックの使い方】
検査でクラミジアに感染していることが判明した場合、性器クラミジアの治療では通常ジスロマック250mgを1回で4錠、1000mgを一気に服用するという治療法はでよく行われます。

ジスロマックは特殊な加工のされた抗生物質ですので、上記方法によりジスロマックの薬効成分は体内に長く滞留しながら徐々に溶け出すことで有効成分を一定量身体に維持する状態にして、1回の服用で1週間程度効果が持続します。説明書きの方は一般的な使い方となっていますので注意が必要です。

【クラミジア完治の確認】
完治したかどうかは再検査をしてみて消滅しているか確認することが必要です。

通常はジスロマック1回の服用で完治しますが、クラミジアがすでにジスロマックに耐性を持っていたりする場合は、再検査でも消滅しきっていないケースもあります。

そうなると治療は継続することなります。
きちんとジスロマックの効果が出た場合は1回の服用でしっかりと除菌されます。

>>> ジスロマック(Zithromax)~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬の購入はこちら


病院に行く

クラミジアの明らかに症状が出ている人 、 感染しているか不安な人 は病院に行くことをおすすめします。


■ いくらかかるの?

最初の診察料 3,000円〜5,000円くらい

検査代 1,500円〜10,000円

薬代は別に費用が必要です。

※上記はおよその目安金額です。


詳しくは受診する病院の治療方針で変わるようですのでお確かめください。


病院に行く

クラミジアの明らかに症状が出ている人 、 感染しているか不安な人 は病院に行くことをおすすめします。


■ いくらかかるの?

最初の診察料 3,000円〜5,000円くらい

検査代 1,500円〜10,000円

薬代は別に費用が必要です。

※上記はおよその目安金額です。


詳しくは受診する病院の治療方針で変わるようですのでお確かめください。


クラミジアの対処方法について

これは何の症状? もしかして性病かな・・・? こういう時ってどうしたらいいか悩みますよね。
いろいろ悩んでいるうちに、「忙しいし・・・なおってきたみたいだし・・・もういいや。」なんて思っていませんか?

日本では現在、STD(性感染症)感染者数がすごい勢いで増えています。


クラミジア・淋菌感染者推移グラフ


フツーの人でも感染する可能性は、どんどん高くなっています。

自分のため、パートナーのため、どうしたらいいか考えてみませんか?

ここに、STDに対処する方法として代表的なものをあげてみます。


 ⇒病院に診察に行く

 ⇒自宅で検査する

 ⇒何もしない


クラミジアの対処方法について

これは何の症状? もしかして性病かな・・・? こういう時ってどうしたらいいか悩みますよね。
いろいろ悩んでいるうちに、「忙しいし・・・なおってきたみたいだし・・・もういいや。」なんて思っていませんか?

日本では現在、STD(性感染症)感染者数がすごい勢いで増えています。


クラミジア・淋菌感染者推移グラフ


フツーの人でも感染する可能性は、どんどん高くなっています。

自分のため、パートナーのため、どうしたらいいか考えてみませんか?

ここに、STDに対処する方法として代表的なものをあげてみます。


 ⇒病院に診察に行く

 ⇒自宅で検査する

 ⇒何もしない


クラミジア治療方法

クラミジア治療は男性は泌尿器科・性病科、女性は産婦人科・性病科で受診ください。
また咽頭感染が疑われる場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

治療は抗生物質・抗菌薬、とくにテトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、およびニューキノロン系薬が使用されます。

◆クラミジアに効果のある抗生剤を1日~1週間服用します。
・マクロライド系(ジスロマック、クラリス、クラリシッド)
・ニューキノロン系(クラビット、オゼックス、トスキサシン、ガチフロ)
・テトラサイクリン系(ミノマイシン、ビブラマイシン)など


クラミジアを完全に消滅させるためには1~2週間程度の継続投与が必要とされています。1日~1週間、薬を服用します。
劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎などの症状が出ている場合には、3~5日ほど点滴を行います。

症状は数日でなくなる事が多いですが完全に消滅していない事もあり、医師の指示通り服用することが大切です。途中で薬の服用をやめたりするとぶり返したり、菌に耐性がついて治りにくくなったりする事もあります。

最近では、薬に耐性のある耐性菌も増加してます。

クラミジアは男女間でお互いに感染させるいわゆるピンポン感染があるため、両者の治療を同時に行うことが重要です。


◆再検査してみて除菌が完全か確認しておくことも大切
治療終了後、3~4週間後
※薬を正しく服用しないと、不完全治癒の可能性があるので、
この時点でも検査を受けることが望ましい。

完治していれば「再発」はないと考えられますが、「再感染」はあるので予防に気をつけましょう。

STD(性感染症)は特別な病気ではありません。誰でもなる可能性がある病気です。

病院へ行く時間の無い方や、人と対面して検査を受けるのに抵抗がある方などは、「郵送検診」 という検査の受け方もあります。


【クラミジアの治療薬】
クラミジア治療薬は通常は医療機関に行って、専門医に診断してもらってから入手すべきものですが、そうも言ってられないケースもあるでしょう。

そんな場合はインターネットで購入可能なクラミジアの治療悪を紹介します。

◆クラビット(Cravit)
扁桃炎、気管支炎、中耳炎、膀胱炎、腸炎など、幅広く使われているキノロン系の抗生物質です。
クラミジアの治療にも使われています。

>>> クラビット(Cravit)の購入はこちらから

クラミジア検査(女性用)

クラミジア検査(男性用)


クラミジア治療方法

クラミジア治療は男性は泌尿器科・性病科、女性は産婦人科・性病科で受診ください。
また咽頭感染が疑われる場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

治療は抗生物質・抗菌薬、とくにテトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、およびニューキノロン系薬が使用されます。

◆クラミジアに効果のある抗生剤を1日~1週間服用します。
・マクロライド系(ジスロマック、クラリス、クラリシッド)
・ニューキノロン系(クラビット、オゼックス、トスキサシン、ガチフロ)
・テトラサイクリン系(ミノマイシン、ビブラマイシン)など


クラミジアを完全に消滅させるためには1~2週間程度の継続投与が必要とされています。1日~1週間、薬を服用します。
劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎などの症状が出ている場合には、3~5日ほど点滴を行います。

症状は数日でなくなる事が多いですが完全に消滅していない事もあり、医師の指示通り服用することが大切です。途中で薬の服用をやめたりするとぶり返したり、菌に耐性がついて治りにくくなったりする事もあります。

最近では、薬に耐性のある耐性菌も増加してます。

クラミジアは男女間でお互いに感染させるいわゆるピンポン感染があるため、両者の治療を同時に行うことが重要です。


◆再検査してみて除菌が完全か確認しておくことも大切
治療終了後、3~4週間後
※薬を正しく服用しないと、不完全治癒の可能性があるので、
この時点でも検査を受けることが望ましい。

完治していれば「再発」はないと考えられますが、「再感染」はあるので予防に気をつけましょう。

STD(性感染症)は特別な病気ではありません。誰でもなる可能性がある病気です。

病院へ行く時間の無い方や、人と対面して検査を受けるのに抵抗がある方などは、「郵送検診」 という検査の受け方もあります。


【クラミジアの治療薬】
クラミジア治療薬は通常は医療機関に行って、専門医に診断してもらってから入手すべきものですが、そうも言ってられないケースもあるでしょう。

そんな場合はインターネットで購入可能なクラミジアの治療悪を紹介します。

◆クラビット(Cravit)
扁桃炎、気管支炎、中耳炎、膀胱炎、腸炎など、幅広く使われているキノロン系の抗生物質です。
クラミジアの治療にも使われています。

>>> クラビット(Cravit)の購入はこちらから

クラミジア検査(女性用)

クラミジア検査(男性用)


クラミジア治療薬

クラミジア治療薬にはテトラサイクリンン系・マクロライド系・ニューキノロン系の抗生物質が主に使用され、以下に列挙しておきます。

これらは臨床でもよく使われるものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                     (主な薬)                 (主な副作用 )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【テトラサイクリン系 】     ミノマイシン・ビブラマイシン        めまい・光線過敏症など

【マクロライド系 】      クラリスロマイシン(クラリス・クラリシッド) 嘔吐・下痢・軟便・めまい
                 ジョサマイシン・エリスロマイシン

【ニューキノロン系】     トスフロキサシン・オフロキサシン      光線過敏症・耐糖能障害
ピリドンカルボン酸類   (クラビッド、バクシダール、シプロキサン)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


服用期間は大体1~2週間で大抵は治療が可能です。
最近の薬には、1日1錠の服用で3日間でも治療可能というものも発売されています。
(※最近、アジスロマイシン(製品名:ジスロマック)という薬の飲み方を変えた短期間で治療可能な薬がでています。服用など担当医ともよくご相談ください。)

実際の使用に当たっては担当の医師とよく相談しましょう。

【クラミジアの治療薬】
クラミジア治療薬は通常は医療機関に行って、専門医に診断してもらってから入手すべきものですが、そうも言ってられないケースもあるでしょう。

そんな場合はインターネットで購入可能なクラミジアの治療薬を紹介します。

◆クラビット(Cravit)
扁桃炎、気管支炎、中耳炎、膀胱炎、腸炎など、幅広く使われているキノロン系の抗生物質です。
クラミジアの治療にも使われています。

>>> クラビット(Cravit)の購入はこちらから

>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)
>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは


クラミジア治療薬

クラミジア治療薬にはテトラサイクリンン系・マクロライド系・ニューキノロン系の抗生物質が主に使用され、以下に列挙しておきます。

これらは臨床でもよく使われるものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                     (主な薬)                 (主な副作用 )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【テトラサイクリン系 】     ミノマイシン・ビブラマイシン        めまい・光線過敏症など

【マクロライド系 】      クラリスロマイシン(クラリス・クラリシッド) 嘔吐・下痢・軟便・めまい
                 ジョサマイシン・エリスロマイシン

【ニューキノロン系】     トスフロキサシン・オフロキサシン      光線過敏症・耐糖能障害
ピリドンカルボン酸類   (クラビッド、バクシダール、シプロキサン)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


服用期間は大体1~2週間で大抵は治療が可能です。
最近の薬には、1日1錠の服用で3日間でも治療可能というものも発売されています。
(※最近、アジスロマイシン(製品名:ジスロマック)という薬の飲み方を変えた短期間で治療可能な薬がでています。服用など担当医ともよくご相談ください。)

実際の使用に当たっては担当の医師とよく相談しましょう。

【クラミジアの治療薬】
クラミジア治療薬は通常は医療機関に行って、専門医に診断してもらってから入手すべきものですが、そうも言ってられないケースもあるでしょう。

そんな場合はインターネットで購入可能なクラミジアの治療薬を紹介します。

◆クラビット(Cravit)
扁桃炎、気管支炎、中耳炎、膀胱炎、腸炎など、幅広く使われているキノロン系の抗生物質です。
クラミジアの治療にも使われています。

>>> クラビット(Cravit)の購入はこちらから

>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)
>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは



Page: 1 < 2  次の10件>>

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0