クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路としてはあらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染する恐れがあります。

・性器クラミジア感染症はクラミジアトラコマティスという病原体により感染します。
・感染者との粘膜同士の接触や、精液、膣分泌液を介して感染します。
・オーラルセックスでは、咽頭(のど)へも感染します。
・クラミジアに感染していると、HIV(エイズウイルス)への感染が3〜5倍になります。
・妊婦の方は、妊婦検診を受けることにより、出産時の母子感染を防ぐことができます。

◆クラミジアの咽喉感染について

あまり広く認識されていないようですが、クラミジアはセックスによる感染だけでなく、オーラルセックス(フェラチオ)でも感染します。
これは、クラミジアが円柱上皮細胞に入り込み増殖する特性を持つためです。

円柱上皮細胞とは、分泌物を出したり、養分の吸収を行う個所を形成する細胞で、人の部位として性器や、口の中、腸などがあげられます。

このため、咽喉からでもクラミジアは感染が起こるため、性風俗店での女性の咽喉からの感染する男の感染者も増えています。

オーラルセックスなどにより咽頭(のど)のクラミジア感染が増加しています。
女性が男性に対してフェラチオした場合、

「1)男性の性器から女性の咽頭に感染する可能性」と
「2)女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性」があり、咽頭炎などをおこします。

慢性の扁桃腺炎になることもあります。

ただし、咽頭のクラミジア感染の場合、症状が出ない場合が多いようです。
また、性器クラミジアに感染している女性の10〜20%は、咽頭からもクラミジアが検出されたとの報告もあります。

性器への感染と咽頭の感染は、感染部位が違うため別のものとなります。
よって、咽頭だけ感染することもあります。


クラミジアの女性感染者は男性感染者以上に自覚症状が乏しいため、治療に至ることが少なく無意識のうちに感染者を増やしてしまう可能性も高いことも原因の一つと考えられます。

また、妊婦検診においてクラミジア保有者が3〜5%見つかることから、実際の報告以上に感染者は多いと予想されます。

>> 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは
>> クラミジアが引き起こす不妊症の怖さ
>> クラミジアから不妊も(不妊の体験)


◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。 局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!



◆クラミジア治療 >>> ジスロマック~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)の通販はこちら

関連記事

  1. クラミジアSTD感染危険度チェックで確認しましょう
  2. 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは
  3. クラミジアの母子感染
  4. コンドームを使用する〜性病の予防方法

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クラミジアの感染経路

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/408


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0