クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

コンドームを使用する〜性病の予防方法

性器クラミジア感染症は,性交渉において,コンドームを最初から最後まできちんと使用すれば防げる病気です。

コンドームの使用が一番現実的で確実な感染予防方法ですが、コンドームで予防できない性感染症もあるので100%確実ではありません。

感染予防の為には、膣性交の時だけでなくオーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)の場合でも必ず使用してください。ただし、正しい方法で使用していないと感染する可能性があります。女性用コンドーム、オーラルセックス用コンドームも販売されています。

治療終了後2-3ヶ月後にもう一度性器クラミジア感染症の検査を受けて,感染が続いていないか,再発していないか,確認した方がよいでしょう。


【母子感染のリスク】

妊婦がクラミジアに感染している場合、分娩時に産道において新生児がクラミジアに感染(母子感染)する恐れがあります。

新生児が感染した場合、クラミジアは増殖に時間がかかることから、潜伏期間は長く、クラミジア結膜炎は生後7日以降、クラミジア肺炎は生後2ヶ月以降に発症することが多い。


治療

治療には抗菌薬、とくにテトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、およびニューキノロン系薬が使用されます。

クラミジアは男女間でお互いに感染させるいわゆるピンポン感染があるため、両者の治療を同時に行うことが重要です。


◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。 局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!



◆クラミジア治療 >>> ジスロマック~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)の通販はこちら

関連記事

  1. クラミジアSTD感染危険度チェックで確認しましょう
  2. 咽喉(のど)感染する性病のクラミジア、淋病とは
  3. クラミジアの母子感染
  4. クラミジアの感染経路

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コンドームを使用する〜性病の予防方法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/409

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0