クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

トリコモナス症とは

トリコモナス症は肉眼では見えないトリコモナス原虫が性器内に入り込み炎症をおこす
感染症です。その特徴は男性より女性側に症状が強くでることや、再発を繰り返す難治症例も少なくないことなどかあります。

また、感染者の年齢層も非常に幅広く、中高年者でもしばしば見られるのも特徴です。
無症状パートナーからの感染によるものが多いといわれます。


再発するケースとしては原虫の残存によるもの、隣接臓器からの自己感染によるもの、若年層での感染も多くカップルの間で、お互いパートナーからの再感染によるものがありますので注意が必要です。


性行為による感染が主ですが、性交経験のない女性や幼児にも感染が見られることから、他の感染経路、下着、タオル、便器、浴槽での感染などが知られています。


【トリコモナス症症状】
(男性)
一般に無症候のことが多く、症状が出るケースでも、軽い排尿痛があったり尿道から膿が出たり、尿道炎の症状を起こすこともあります。

通常尿道、膀胱、前立腺などにトリコモナスが寄生します。尿道だけの感染では病原体が排尿で洗い流される場合もありますが、トリコモナス感染している男性は前立腺炎を併発していることが多いようです。

たとえ2〜3週間で症状が消えても治癒したわけではなく、パートナーに感染させてしまうリスクが高くなります。

(女性)
女性の場合は、男性より非常に多様な症状となります。
症状のない感染者が20〜50%といわれますが、その3分の1は6カ月以内に症候性なると言われています。黄色く泡立った強い匂いのおりものが増えて外陰・膣の刺激感、強い掻痒感を訴えます。

セックス時や排尿時に不快感や痛みを生じることがあります。また、外陰部のかゆみや赤くなったりします。さらに進行すると、外陰部に焼けつくような痛みもでることがあります。

こうした自覚症状のでない場合も多いので、男性のケース同じようにセックスパートナーに感染させてしまう可能性も高くなります。


【トリコモナス症治療】
メトロニダゾール、チニダゾールの内服薬か膣坐薬を使用します。(難治例では、さきの薬剤の膣錠を併用) 医師の指示どおり10日間ほど続ければ治りますが、再発していないかどうかの確認が大切です。(次回月経時)


再発を繰り返しやすい病気なので、女性の場合は気がつかずに放置しておくと炎症が卵管まですすみ、不妊症や早産、流産のリスクが高まります。疑わしい場合は、早目に検査しておきましょう。


△トリコモナス膣炎を検査するなら自宅で簡単、匿名検査
STD Checker TypeB(女性用)


◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。 局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!



◆クラミジア治療 >>> ジスロマック~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)の通販はこちら

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0