クラミジア・性病の症状、検査、治療について解説。クラミジアが最近激増しています。性病の悩みQ&A、性病掲示板も併設。あなたのクラミジア・性病の症状の不安を解消して、予防・対策にお役立てください。

性器ヘルペスとは

性器ヘルペス(HSV)は、単純ヘルペスウイルスによって発症する性感染症で,

単純ヘルペスウイルスは1型と2型があり、
1)口唇ヘルペス⇒1型
2)性器ヘルペス⇒2型に分類されます。


症状
初感染者の7割が無症状という報告もあり、感染した時の兆候は1型、2型ともにほとんどありません。

感染して症状が現れる場合潜伏期(2日〜10日間)後、典型的なものは性器およびその周辺に水疱が出現し、水疱はほどなく潰れます。潰瘍状になり2〜4週間かかって治癒していきます。この病気の特徴は痛みであり、潰瘍そのものの痛みと神経痛を伴います。

患部近くの神経麻痺、排尿障害、排便障害などの機能障害のケースもあります。


この性器ヘルペスウィルスという感染症の問題は一度感染すると、体内から菌がいなくならない、つまり、完治しないということです。ただし、症状の程度は出現の度に軽くなり、症状の出現間隔もだんだん延長していきます。

また、ヘルペスはタオルや食器などからも感染することがありますので注意が必要です。患部を触った手でそのままタオルなどに触り、それを別の人が使用してしまうと性的行為でなくても感染してしまうケースもあります。


【診断】
特有の水泡と浅い潰瘍で診断は容易で、陽性の診断率は約50%でほとんどが視診による診断です。
症状が出ないときも血液検査で診断できます。


【治療】
ウイルスの増殖を抑える抗ヘルペスウイルス薬を急性型の場合で5〜10日間、再発型では5日間程度服用します。抗ヘルペス剤(商品名:バルトレックス・ゾビラックス)の内用および抗ヘルペス剤軟膏塗布
治療を行います。

症状が悪化している場合は入院して、注射や点滴などの治療が必要になるケースもあります。


【予後】
性器ヘルペスウイルスの特徴は、神経節に潜伏して発症を繰り返すことです。

女性の場合は性器ヘルペスウイルスは月経が来るたびに発症し、精神的にまいるケースもあります。そうなると根気強い治療が大切です。また女性で妊娠している人がヘルペスに感染して、もしお腹の子に感染すると死亡する可能性もありますので注意が必要です。
妊娠している人で感染した場合は担当医とよく相談してください。


◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。 局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか??
しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!



◆クラミジア治療 >>> ジスロマック~1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)の通販はこちら

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0